【2024年最新】飲食店におすすめの予約システムの比較ランキング18選!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

飲食店におすすめの予約システムを教えて!


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!月額無料の予約システム「タダリザーブ」が解説するよ!

近年では、オンラインからの予約に対応している飲食店が増えてきています。

飲食店がオンライン予約に対応するためには、予約システムの導入が必要です。

飲食店に予約システムを導入することで、スタッフの負担を軽減したり、サービスの向上につなげることもできます。

この記事では、飲食店向けの予約システムの機能や概要、導入するメリット・デメリット、選び方のポイントについて解説します。

また、数多くある予約システムの中から、おすすめのものを紹介します。

予約システムの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

飲食店の予約システムの機能

飲食店向けの予約システムには、様々な機能が搭載されています。

ここでは、この機能の中から代表的なものを紹介します。

 

予約の受け付け

予約システムの代表的な機能が、予約の受け付けなどの予約業務に関連する機能です。

グルメサイトからの予約や、オンライン予約、電話での予約などをシステムが自動で受け付けるため、記入ミスやダブルブッキングなどの人的ミスを大幅に削減できます。

また、繁忙期は予約関連業務のために、スタッフの手がふさがってしまうことがありましたが、予約システムを導入することで防ぐことができます。

 

予約情報の通知

予約システムには、予約した顧客に対して予約情報を通知する機能があります。

予約が確定すると、その顧客へ予約情報のメールが自動送信されるだけでなく、予約日が近づくタイミングでリマインダー通知を送信できるため、直前でのキャンセルや予約時間になっても来店しないなどのトラブルが軽減できます。

 

グルメサイトとの連携

予約システムの中には、グルメサイトと連携できるものもあります。

グルメサイトと連携できると、グルメサイトを見ながら、そのまま予約ができるため、予約されやすくなります。

もし現在どこかのグルメサイトを利用しているのであれば、連携できるシステムを選びましょう。

 

顧客管理

予約システムでは、予約受付だけでなく、顧客管理も行えるものがあります。

予約時に入力された情報から顧客管理を行い、データベース化することで、氏名やメールアドレスなどの個人情報の管理だけでなく、クーポンの配信などのリピーターの促進につなげることもできます。

 

売上分析

予約システムでは、顧客情報をデータベース化することで、売上情報などが把握しやすくなり、売上分析が簡単にできるようになります。

年齢別の人気メニューや、グループ別の人気メニュー、売れてないメニューなどを把握することで、メニューの入れ替えなどの対策が効率的に行えます。

 

飲食店に予約システムを導入するメリット

飲食店に予約システムを導入することには、様々なメリットがあります。

ここでは、このメリットについて解説します。

 

予約サイト・電話からの予約を一元管理できる

飲食店の予約は、予約サイトや電話など様々な方法がありますが、予約システムを導入すれば、これらの予約を一元管理できます。

予約を電話対応した場合は、情報を手書きで管理するなど、予約業務に手間がかかっていましたが、予約システムを導入することで、これらの予約業務をスムーズに行うことができます。

 

予約機会の損失を防止

予約システムを導入することで、予約の機会損失を防ぐことが可能です。

予約システムを導入することで、オンラインで365日24時間対応の予約が可能になるため、営業時間外の予約も受付できるなど、機会損失を防ぐことで売上の向上につながります。

予約システムでは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスからいつでも予約を受け付けられるため、営業時間外や混雑時でも問題なく予約を受け付けられます。

 

予約当日までの案内をシステム任せにできる

予約システムを導入すると、予約に関する業務を自動化できます。

予約受付の直後には、「予約受付メール」、予約日の前日には「予約確認メール」を自動送信されます。

また、予約システムに登録された予約は、スマホやパソコンなどでいつでも確認や変更が可能です。

キャンセル可能時間を設定しておけば、直前にキャンセルされたことに店舗側が気づかず、食品ロスが発生するトラブルも防げます。

また、従来のような電話や来店での予約受付も、予約システムを導入することでシステム任せにできるため、スタッフが予約管理のための時間を使わず業務に集中できます。

 

ダブルブッキングや記録忘れを防止できる

予約情報を人が管理していると、どうしてもミスが発生してしまいます。

予約受付のミスはクレームに発展しやすく、店舗の評判を下げてしまいます。

特に、電話での予約受付の場合、聞き間違いなどの手違いが発生する可能性も否めません。

予約システムを導入することで、記録ミスや記録忘れ、ダブルブッキングなどの人的ミスを防止できるため、クレーム対応や評判を下げるリスクを軽減することができます。

 

顧客情報を管理・分析できる

顧客情報を手書きの台帳などで管理している店舗が存在します。

ただ、このような手書きの場合、情報管理が難しくなります。

予約システムの中には、顧客情報を一元管理できるものもあります。

顧客情報だけでなく売上管理もできるため、リピート客の場合はオーダーや来店頻度、平均単価などがすぐに把握可能です。

また、これまでの注文の傾向から、おすすめのメニューを提案できれば、顧客満足度を上げることができます。

他にも、誕生日やイベントのお誘いなどの営業活動も効果的に行えるため、機会損失も防げます。

 

事前決済が可能なシステムは決済も効率化

予約システムの中には、クレジットカードなどに対応した事前決済が可能なものがあります。

予約時に事前決済を行うことで、当日に決済を行う必要がないため、決済業務の負担を削減でき、業務効率を上げることができます。

また、事前決済しておくことで、当日キャンセルを防ぐことが可能です。

 

飲食店に予約システムを導入するデメリット

飲食店に予約システムを導入することで、様々なメリットが得られますが、同時にデメリットも存在します。

ここでは、このデメリットについて解説します。

 

コストがかかる

予約システムを導入するためには、初期費用や月額費用などのコストがかかります。

コストが高いシステムを導入した場合、場合によっては利益を減らす結果になるかもしれません。

予約システムを導入する場合は、かけられるコストを計算した上で、必要となる機能が搭載されているものを導入しましょう。

また、予約件数が増えるとコストが高くなるケースもあるため、店舗の予約件数の実情からシステムを選ぶ必要があります。

 

予約システムの使い方を覚える必要がある

予約システムを導入した場合、スタッフは新たに使用方法を覚える必要があります。

店舗のオペレーションも変更されるため、慣れるまでは業務が停滞するかもしれません。

予約システムを導入する場合は、スタッフが使いこなせるものを選び、移行期間を設定しておきましょう。

 

ネットの利用に慣れていない顧客を失う可能性がある

予約システムでは、ネットを利用して予約することになります。

ただ、ネットの利用に慣れていない顧客の場合、予約システムを導入することで、その店舗を避けてしまうかもしれません。

このような顧客を失わないためにも、しばらくは従来の電話予約を併用して行うか、電話予約にも対応している予約システムを導入するようにしましょう。

 

キャンセル率が高まる可能性がある

予約システムからの予約では、対人コミュニケーションなしで予約ができるため、予約しやすいというメリットがあります。

その反面、キャンセルするときの心理的なハードルも低くなります。

結果として、予約システムを導入することでキャンセル率が高くなるかもしれません。

 

飲食店の予約システムの選び方

現在、飲食店向けの予約システムには、数多くの種類があります。

ここでは、予約システムの選び方について解説します。

 

利用料の負担が大きくないか

予約システムの導入には、初期費用や月額費用がかかります。

この費用が店舗にとって負担が少ないことが重要です。

予約システムは様々なメリットがありますが、費用負担が大きければ経営を圧迫してしまいます。

導入したい予約システムの利用料が高い場合、別の予約システムを検討するか、より安いプランに変更する必要があります。

多様な機能が搭載された予約システムがありますが、その分利用料が高くなる傾向があります。

自社にとって必要な機能が何かを認識してから、不要な機能が少ない予約システムを選びましょう。

 

使い勝手がいいか

予約システムでは、使い勝手の良さも重要なポイントです。

便利な機能が搭載されていても、使い方が難しく使えないのであれば、導入した意味がありません。

また、システム導入直後はスタッフが慣れていないため、業務が停滞する可能性もあります。

そのため、予約システムに慣れていないスタッフでも、すぐに操作できるかどうか、よく確認してから導入しましょう。

 

店舗に適した機能があるか

飲食店でも店舗によって業態や客数などが異なります。

予約システムを導入する場合、業態や客数に適した機能があるかどうかを確認しましょう。

例えば、複数店舗を展開している場合であれば、すべての店舗を一括して管理できる機能があれば、管理しやすくなります。

店舗の客数が多い場合でも、予約システムがあればダブルブッキングなどのトラブルを防げるため、問題なく対応できるでしょう。

 

無断キャンセルを防止できるか

飲食店においては、無断キャンセルは食品ロスにつながるなど、大きな問題です。

もし予約システムに事前決済機能が搭載されていれば、無断キャンセルを防ぐことができます。

予約システムの中には、予約時にクレジットカードの情報を登録してもらう機能があるものがあります。

もしキャンセルがあった場合でも、キャンセル料を設定しておくことで、当日キャンセルがあった場合でも、キャンセル料を徴収できます。

 

飲食店向けのおすすめ予約システム18選

現在、飲食店向けの予約システムには、様々な種類があります。

ここでは、この予約システムの中から、おすすめのものを紹介します。

 

テイクイーツ

テイクイーツ」は、初期費用と月額費用が0円で利用できるテイクアウト・デリバリー注文予約システムです。

操作画面がシンプルなので、慣れていない初心者でも簡単に予約サイトの作成が可能で、複数店舗管理にも対応しています。

1つの管理画面でテイクアウト・デリバリーの一括管理ができるため、複数店舗を展開しているチェーン店などでの利用におすすめです。

また、テイクアウト予約だけでなく自社デリバリーの選択が可能で、手数料も8%〜と低めになっているため、負担が少なく済みます。

他にも様々な機能が搭載されていて、独自クーポンの発行機能や、商品毎の在庫設定、SNSとの連携、QRコード発行など、サイト開設から集客管理・リピーター獲得まで幅広く活用できます。

 

TableCheck

TableCheck」は、顧客管理機能が充実している予約システムです。

このシステムを導入することで、注文状況から過去の来店履歴、支払情報、好み、アレルギーなどの幅広い顧客情報を登録できます。

また、複数スタッフや店舗間でも情報共有ができるので、顧客満足度の向上につながるサービスを提供できます。

ネット予約は18ヶ国もの多言語に対応できるため、インバウンド需要にも対応可能です。

 

レストランボード

レストランボード」は、初期費用や月額費用が基本無料で利用できる予約システムです。

画面操作はシンプルで直感的に利用できるため、システムに慣れていない初心者でも問題なく使い始めることができます。

グルメサイトから予約があった場合、システム内の予約台帳に自動的に反映されるため、ダブルブッキングなどのトラブルを防止できます。

また、着席してからの時間や空席、次の予約状況も把握できるため、顧客を席へスムーズに案内可能です。

他にも、利用店舗数NO.1のPOSレジアプリ「Airレジ」と連携が可能なのもポイントです。

 

UMaT

UMaT(ウマッタ)」は、初期費用0円で使用できる飲食店向けの予約システムです。

必要な費用は月額費用のみで、予約への手数料がかからないのがポイントです。

予約受付については、ネット予約も電話予約も自動的に集約され、同じ画面で一括管理ができます。

また、どのグルメサイトから予約されたかが確認できるので、必要なグルメサイトを残して効率的にコスト削減をすることもできます。

UMaTは、最初の3ヶ月は無料で利用できるため、試しに導入してみるという選択も可能です。

他にも、リピーターを促すクーポンの配信や、予約ページ機能、予約確定送信機能など、機能が充実しているので、コストを抑えながらも満足いくシステムが利用できます。

 

ぐるなび台帳

ぐるなび台帳」は、グルメサイトの「ぐるなび」が基盤となっている飲食店向けの予約システムです。

ぐるなびからのネット予約を管理したり、ぐるなびPOS+と連携して顧客情報を収集することができるため、システムを導入すれば、飲食店のスムーズなオペレーションやリピーター向上にへつなげることができます。

予約管理画面は直感的に操作が可能で、ぐるなびからの予約は自動反映されるため、入力する手間は不要です。

全予約を一元管理できるため、ダブルブッキングのリスクも軽減できます。

他にも、データ集計や分析を行うことができるため、売上アップのための方策を検討しやすくなります。

 

Airリザーブ

Airリザーブ」は。月々の予約件数に関わらず、毎月一定額で使用できる予約システムです。

繁忙期など、予約件数が増えた場合でもコストが増えることがないため、SNSでの宣伝や、顧客を増やすための施策をコストを気にすることなく取り組めます。

また、AirポスやAirペイといった同シリーズのビジネスツールと連携ができるのも特徴です。

レジ・会計から決済、予算管理まで、顧客情報の一元管理ができるため、営業に集中できます。

 

STORE PAD for グルメ

STORE PAD for グルメ」は予約管理だけでなく、情報発信や来店促進を集約して管理できる予約システムです。

予約フォームや予約台帳を一元管理できる予約統合管理や、LINEを用いた予約確認配信やクーポン配信、アンケート配信ができるリピート促進機能など、豊富な機能を搭載しています。

また、店舗情報の一括配信機能や、Googleの口コミ返信、Googleビジネスプロフィールの管理・競合分析機能など、集客向上につながる機能もひとつのツールで操作可能です。

店舗集客に関する情報を一括管理できるため、売上向上を効率的に図ることができます。

 

SELECTTYPE

SELECTTYPE(セレクトタイプ)」は、店舗の予約サイトが簡単に作れるサービスです。

予約サイトは豊富なテンプレートが用意されているため、店舗のイメージに合わせたサイトを作成できます。

また、店舗に応じた席数や、部屋のサイズに合わせた予約受付が可能です。

さらに、数量限定コースの在庫管理や食べ放題サービスの時間管理も自動計算できるため便利です。

他にも、顧客情報を基に作成したメルマガで、イベントやメンバーサービスも手軽に行えます。

リピーターへの手厚い対応が可能なので、顧客満足度の向上が期待できます。

 

EDISONE

EDISONE」は、店内の座席の自動割り当てができる予約システムです。

座席を事前に顧客側に公開できるため、顧客自身が予約時に座席や個室を選択することもできます。

スタッフの予約業務の負担を削減できるため、店側の負担なく予約人数に応じた最適な席効率を実現できるでしょう。

また、事前決済にも対応していて、キャンセル料徴収機能も搭載されています。

そのため、無断キャンセルを予防することもできます。

 

TORETA(トレタ)

TORETA」は、システムの安定性向上に注力している予約システムです。

稼働率は銀行のATMに相当する99.9%を達成していて、システム障害が発生しづらいため、予約業務ができなくなるなどの心配なく、安心して営業に集中できるでしょう。

また、27のグルメサイトと連携できるため、幅広いルートから顧客を集めることが可能で、予約数の増大も期待できます。

 

リザーブキーパー

リザーブキーパー」は、テイクアウト・デリバリーにも対応できる予約システムです。

テイクアウトは店舗独自の注文サイトが作成可能で、ネットでの受付もできるため、営業時間外にも対応できることで、販売機会を最大化できます。

電話連動機能のCTIシステムでは、着信と同時に顧客情報を自動検索し、名前や勤務先等の登録情報や来店履歴を参照して電話に対応できるため、他店との差別化につなげることができます。

 

ebica予約台帳

ebica予約台帳」は、飲食店にとって便利な機能が豊富な予約システムです。

「グルメサイトコントローラー」という機能は、グルメサイトからの予約を自動的に取り込みます。

また、空席状況の変動についてもリアルタイムにグルメサイトに反映されるため、システムに予約管理を任せて接客に集中することができます。

他にも、電話予約に自動応対できる「AIスタッフさゆり」というサービスがあり、人と会話しているかのような自然な対応ができます。

繁忙期などスタッフの手が回らず、予約業務で店舗運営を圧迫している場合に便利です。

 

GATE Reserve(ゲートリザーブ)

GATE Reserve」は、約5,000以上の店舗に導入実績のある予約システムです。

LINEやGoogleからも予約が可能で、予約客は店内のテーブルに自動登録されます。

予約経路が広がるため予約数を増やすことが可能で、店側で顧客をテーブルに割り振る手間も必要ありません。

また、予約時に顧客にクレジットカード情報を登録してもらうことで、非接触型の決済処理も可能です。

無断キャンセルの防止にもつながるため、安心して予約を受け付けることができます。

 

AutoReserve予約台帳

AutoReserve 予約台帳」は、初期費用、月額費用、送客手数料がすべて0円から利用可能な予約システムです。

現在、様々な業態の飲食店に導入されています。

キャンセル料の徴収や、予約のリマインド機能があるため、当日に来店しないという悩みを解決できます。

操作画面も分かりやすいため、システム導入後でも、スタッフがすぐに利用することが可能です。

また、予約をタイムラインで一元管理できるため、来店客の情報を現場スタッフがすぐに確認できます。

予約の手動追加も簡単にできるため、忙しい時間帯でも漏れなく予約追加が可能です。

他にも、柔軟な予約受付設定ができるため、曜日によって営業時間が異なる場合や、予約客に事前確認しておきたい質問事項の設定ができます。

顧客情報の管理も簡単にできるため、リピート客の細かい接客対応に活用可能です。

 

Squareオンラインビジネス

Square オンラインビジネス」は、初期費用・月額費用・手数料が無料で使用できるオンライン注文サイト作成ツールです。

また、InstagramやFacebookなどのSNSとも連携していて、集客機能も充実しています。

他にも、POSレジやキャッシュレス端末も無料提供していて、注文はPOSレジに自動連携され、店内オーダー・テイクアウト・デリバリー商品も簡単にアップロード可能で、売上管理も1つでできるようになります。

1つのアカウントで様々な機能が利用可能で、スマホ注文・QRコード決済・事前注文がすべて導入できます。

 

リピッテTAKEOUT&DELIVERY

リピッテTAKEOUT&DELIVERY」は、飲食店のテイクアウト・デリバリーの受付に特化したLINE注文予約システムです。

SNSでリピッテの公式サイトをシェアすることで初期費用が無料で利用できます。

また、大手のデリバリー・テイクアウトサイトでは手数料が30~40%程度かかりますが、リピッテとでは注文手数料も0円で予約受付が可能です。

LINEからの電話やチャットでの予約もシステムで管理可能で、メニュー設定や予約上限の設定、メッセージの自動配信もできます。

LINEを使った予約システムであるため、友達登録するだけで新規顧客獲得が可能で、ブロック率が低いため、定期的なメッセージ配信でリピーターの獲得も期待できます。

導入時のサポートもあり、既存のLINEからアカウントとの連携や新規作成など、初期設定に対応しています。

 

ぼくデリ

ぼくデリ」は、LINEを活用した業界最安値のフードデリバリーアプリです。

配送手数料が無料で、顧客側は店頭価格で利用できます。

Uver Eatsなどの大手デリバリー予約サイトでは、配送手数料に加えて注文手数料として3~40%を取られるため、注文数が多くても店舗の利益が少ない点がデメリットでした。

ぼくデリでは、手数料を引き下げることで、デリバリー・テイクアウトでも利益が出せる仕組みを提供しています。

 

RESERVA Reservation(レゼルバ)

RESERVA Reservation(レゼルバ)」は、現在約14万社の企業で利用されている予約システムです。

常にアップデートされているのが特徴で、多種多様な業種に対応できます。

導入が簡単なのが特徴で、機能もシンプルにまとめられているため、すぐに利用することが可能です。

また、サービスをオンライン化することで、外部サービスとも連携できるため、顧客側からも便利になっています。

 

まとめ

ここまで、飲食店向けの予約システムの特徴・機能や導入のメリット・デメリット、選ぶ際のポイントについて解説しました。

また、数多くある予約システムの中から、おすすめのものを紹介しました。

飲食店で予約システムを導入することで、予約関連業務をシステムに任せることができるため、スタッフの予約業務の負担を大幅に削減できます。

また、事前決済機能があるシステムを導入することで、当日キャンセルなどのトラブルを防ぐことができます。

予約システムには、初期費用や月額費用が無料で利用できるものもあり、無料トライアルで試用できる場合があるため、興味がある方は気軽に試してみてください。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP