ASP型予約システムとは?おすすめのシステム3選をご紹介!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

ASP型予約システムって何?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

予約システムにはいくつかのタイプがありますが、そのうちの1つがASP型予約システムです。今回は、このASP型予約システムの特徴、メリット・デメリット、オススメなどを紹介します。

どのような予約システムのタイプを選べばいいか迷っている方は、ぜひ記事の内容を参考にしてください。

ASPとは?

ASPは「Application Service Provider」の頭文字を取ったもので、インターネットを通してソフトウェアを利用できるようにする仕組みです。

ソフトウェアの利用というと、パソコンやスマートフォンにインストールして使うというのが一般的です。

ASPの場合、Web上に置かれたプログラムデータにアクセスすることで、様々なソフトウェアを利用できるようになります。

ASPの利用ではデバイスの容量も圧迫せず、インストールも不要など、利便性が高くなっています。

 

予約システムの3つのタイプ

予約システムには3つのタイプがあります。ポータルサイト型とオンプレミス型とASP型です、それぞれの特徴を簡単に説明しておきましょう。

 

ポータルサイト型

ポータルサイト型予約システムでは、様々の店舗情報が掲載されているポータルサイト上で予約管理ができます。有名なところでは、「ぐるなび」「ホットペッパー」「ホットペッパービューティー」「EPARKビューティー」などがあります。

 

オンプレミス型

オンプレミス型予約システムは自社内でのみ運用する予約システムです。自社内でシステムを構築し、アクセスできるのも自社従業員のみですから、機密性を保持しやすいです。カスタマイズの自由度も高くなっています。

 

ASP型

ASP型予約システムはポータルサイト型とオンプレミス型のいいところを併せ持ったシステムです。インターネット環境さえあれば、誰でも利用可能。自社に開発技術がなくても、利用できます。

ASP型では、プログラムデータがWEB上でクラウド管理され、インターネットを通じてアクセスすれば、使えるようになります。

 

ASP型予約システムのメリット

ASP型予約システムにどのようなメリットがあるのかを紹介しましょう。

 

手軽に利用できる

ASP型予約システムはインストールの必要がなく、手軽に利用できます。複数のパソコンなどで利用する場合は、それぞれにインストールしなくてもいいので、簡単に使えますね。

 

いつでもどこでもアクセスできる

ASP型予約システムはいつでもどこでもアクセスできます。インターネットが使えるデバイスと場所が揃えば、利用可能。デバイスやハードウェアを選ぶ必要もありません。スマートフォンから利用できるものもあります。

 

自分たちでバージョンアップしなくていい

ASP型予約システムのバージョンアップはサービス提供側で自動で行ってくれるので、自分たちで行う必要がありません。

インストールするタイプの予約システムの場合は、各デバイスごとに各自でバージョンアップ作業をしなければいけませんが、ASP型にはそのような手間はありません。

 

コストが安い

ASP型予約システムのいいところはコストが抑えられていること。

自分たちで予約システムを開発するとなると、かなりのコストがかかる場合がありますが、ASP型の場合に必要なコストは月額課金。

システムにもよりますが、月額課金はそれほど高額にはなっていません。

予約システムを導入したいけれど、コストが心配という場合は、ASP型の導入がオススメです。

 

ASP型予約システムのデメリット

ASP型予約システムのメリットを紹介しましたが、デメリットもあります。どのようなデメリットか見てみましょう。

 

安定したインターネット接続が必要

インターネット環境が整っていれば手軽に利用できるASP型予約システムですが、裏を返せば、インターネットが通じなければ利用できません。

インターネットが通じていないお店では、インターネット工事をしなければ、ASP型予約システムは導入できません。

また、インターネットが通じていても接続が切れたり不安定になったりしたら、その間も利用が一時ストップします。

 

自分ではセキュリティ管理ができない

ASP型予約システムのセキュリティは提供側が責任を持って管理しています。

管理に当たって個人情報は厳重に扱っていますが、自分でセキュリティ対策をしたいと思っている人からすると、不安に思えるかもしれません。

ASP型予約システムを提供している業者によってもセキュリティの扱いは異なるので、契約するときに安心できるところを選んでください。

 

オススメASP型予約システム3選

ここまで記事を読んで、実際にASP型予約システムを使ってみようと思った人もいるでしょう。

そこでオススメのASP型予約システムをいくつか紹介するので、選ぶ際の参考にしてください。

 

Air RESERVE(エアリザーブ)

Air RESERVE(エアリザーブ)はリクルートが提供するASP型予約システムです。

主な特徴は3つです。予約業務の手間が軽減、簡単に使える、低コスト。

まずネット予約により予約業務を自動化し、電話や窓口対応の時間を短くします。

来店日前日にはリマインドメールも自動送信します。

画面はわかりやすくシンプルで直感的な操作が可能。誰でも簡単に使えます。

操作でもし困ったことがあれば、電話やメールで問い合せができます。通話料やサポート料金はかかりません。

予約が何件入っても月額費用が変わらないのがAir RESERVE(エアリザーブ)。ずっと低コストで運用できます。プランは次の3つです。

プラン名月額料金オススメ先
フリー0円まずはお試し
ベーシック5,500円(税込)個人または中小企業
プレミアムお問い合わせ大企業・行政

 

Choice RESERVE(チョイスリザーブ)

Choice RESERVE(チョイスリザーブ)は株式会社リザーブリンクが提供するASP型予約してムです。

Choice RESERVEには予約の課題解決に役立つ基本機能が揃っています。

予約サイトでは、24時間365日快適な予約体験を提供。店舗やメニューごとに個別の予約URLも発行でき、シームレスな遷移ができます。

予約カレンダーはシンプルで直感的に操作ができ、稼働・空き状況も一目で分かるようになっています。

各種通知メールは自動配信が可能で、業務も軽減。会員情報を登録していないゲスト会員も登録した会員もまとめて管理ができ、効果的なアプローチもできるでしょう。

そのほかにも様々な機能が備わり、とても使いやすい予約システムになっています。

Choice RESERVEの料金が以下の通りです。

プラン月額料金初期費用
基本料金22,000円(税込)33,000円(税込)
Enterprise問い合わせ問い合わせ

 

eRESERVE(イーリザーブ)

eRESERVE(イーリザーブ)は株式会社ASJが提供するASP型予約システムです。

様々な業種に合わせた活用ができる予約システムです。業種ごとのメリットについては公式サイトでも紹介されています。

eRESERVEでのネット予約システムの構築は簡単。デザインを選んで、基本情報と業種情報を登録するだけ。誰でもできますね。

頼れる機能もたくさん。ホームページと連携、グーグルカレンダー対応、SNSボタン追加、順番待ち機能などいろいろあり、紹介しきれません。

eRESERVEの料金は以下の通りです。

サービス名初期費用月額基本料金
eリザーブ5,500円(税込)月払い:8,250円(税込)
年払い:7,150円(税込)
eリザーブP11,000円(税込)月払い:11,000円(税込)
年払い:9,900円(税込)

※年払いの料金は月額換算した場合です。支払いは1年分の一括でお願いします。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP