予約管理アプリのおすすめ比較ランキング8選!無料プランも有り!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

おすすめの予約管理アプリを教えて!


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

店舗にとって予約管理は重要な役割を果たしますが、アナログ的な方法では効率も悪く、スムーズな管理もしにくくなります。

そこでおすすめするのが予約管理アプリの活用です。予約管理アプリがあるだけで、予約業務が簡略化され、スタッフの業務負担も減ります。

今回は、そんな予約管理アプリのおすすめを紹介します。

機能性に優れた使いやすいものを厳選しましたから、よろしかったら利用してみてください。

予約管理アプリとは?

予約管理アプリとは、スマホやタブレットにインストールして使える予約管理システム。

様々な媒体からの予約を一元管理したり、24時間予約を受け付けられたり、顧客情報の管理ができたりなど、便利な機能がいろいろあります。

 

予約管理アプリのメリット

予約管理アプリには様々なメリットがあるので、紹介しましょう。

  1. アプリ内で予約管理が完結する
  2. スマホ普及により、スマホ予約が増える
  3. リアルタイムの予約管理が可能
  4. いつでもどこでも予約業務ができる
  5. 予約機会の損失を防げる
  6. 様々な媒体からの予約をアプリに一本化できる
  7. 無断キャンセル対策ができる
  8. 顧客情報を収集し、データ化できる

 

アプリ内で予約管理が完結する

予約管理アプリを導入すると、お客様からの予約受付もお店の中での予約管理も全てアプリ内でできるようになります。

お客様も予約しやすくなり、お店の予約管理業務も効率化します。

 

スマホ普及により、スマホ予約が増える

現代社会では、スマホが急速に普及しています。そのため、店舗予約をする方もスマホからという人が増えています。

予約管理アプリなら、スマホからの予約受付はお手の物。何の問題も起こさず、予約を受付、管理できるようになります。

 

リアルタイムの予約管理が可能

予約管理アプリを使えば、予約情報はリアルタイムで反映されます。

現在の予約状況の確認もできるので、お客さまが予約をするときも空き時間を選べます。お店も入った予約をその場でチェックでき、対応の準備がしやすいです。

 

いつでもどこでも予約業務ができる

予約管理アプリなら、いつでもどこでも予約業務ができます。スマホやタブレットにインストールして使う予約管理アプリは、お店から離れていても外出中でも使えます。場所は問いません。

予約管理システムの場合、パソコンでの操作を前提にしているものがあり、使う場所が限定されることがあります。

しかし、予約管理アプリでは、パソコンのように場所を気にすることなく使えるのがいいところです。

 

予約機会の損失を防げる

予約管理アプリにより、予約機会の損失を防げます。

予約管理アプリなら、24時間予約受付が可能。電話予約やメール予約のように、忙しいから対応できませんということはありません。

全ての予約はアプリ側で自動処理してくれるので、施術中、作業中でも予約を受け付けられます。

せっかくお客さまが予約申し込みをしているのに受け付けられなかったということはなくなります。

 

様々な媒体からの予約をアプリに一本化できる

予約受付というと、様々な媒体から入ってくることもあるでしょう。電話、メール、ブラウザ、予約サイトなどです。

そのような複数媒体からの予約をアプリ1本で管理できるようにできます。

これで、予約受付業務が大幅に効率化されるでしょう。混乱も生じにくくなります。

 

無断キャンセル対策ができる

予約管理アプリの導入により、無断キャンセル対策ができます。

例えば、クレジットカードで事前決済できる機能がついたアプリなら、無断キャンセルによるキャンセル料の徴収がしやすくなります。

リマインドメールを送信できる機能がついた予約管理アプリなら、お客さまが予約したことを忘れないように来店を促すこともできるでしょう。

無断キャンセルはお店にとっても損失が大きいので、予約管理アプリで対策をしましょう。

 

顧客情報を収集し、データ化できる

予約管理アプリを使用すると、顧客情報も収集しやすくなり、データ化もできます、データ化した情報は次の戦略に活かせます。

お客様の年齢や性別などの属性に基づいた宣伝、集客施策などもできるようになるでしょう。

 

予約管理アプリの選び方

メリットの多い予約管理アプリですが、どのようなアプリを選ぶかということになると迷うものです。そこで選び方のポイントを解説しましょう。

 

機能で選ぶ

一口に予約管理アプリと言っても、種類は様々で付属している機能も皆違っています。そこでどのような機能の種類があるのか確認してみましょう。

  • 予約管理機能
  • 顧客情報管理機能
  • メッセージ配信機能
  • 他サービス連携機能
  • 決済機能
  • 担当者を指名できる機能
  • 振り替え機能など

予約管理アプリに予約管理機能がついているのは当たり前ですが、そのほかにも便利な機能の種類があります。

業種や店舗によってはこれはほしいという機能もあるでしょう。基本機能以外でもなくては困る機能もあります。

そのように予約管理アプリにどのような機能が備わっているかを見た上で、選ぶ必要があります。

 

使いやすさで選ぶ

予約管理アプリによっても使いやすさは異なります。選ぶ場合は、お客さまにとってもお店側にとっても使いやすいものでないといけません。

お客様からすると、インターフェイスの操作性がポイント。アプリを見て簡単に予約・予約変更・予約キャンセルができれば、そのお店を利用してみようという気になるでしょう。

お店側にとっては、従業員全体が操作しやすいかが大事。操作を覚えるのに時間や手間がかかるようでは、業務に支障をきたす恐れがあります。

 

料金で選ぶ

予約管理アプリを選ぶ際のポイントの1つが料金。初期費用や月額料金・決済手数料・販売手数料がどのくらいになっているか確認しておく必要があります。

便利な予約管理アプリですが、機能が増えれば、料金も高くなりやすいです。お店の予算との兼ね合いも考えながら、適切な料金のものを選んでみましょう。

無料アプリもあります。はじめて予約管理アプリを導入する場合は、自社のサービスと合うかどうか分からないので、まずは無料のアプリから使ってみるのもおすすめです。無料なら切り替えもしやすいでしょう。

 

自社のサービスに合っているか

予約管理アプリの中には、特定の業種に特化したものがあります。例えば、次のような業種です。

  • 飲食店
  • ホテル
  • 美容室・サロン
  • スクール
  • クリニック

業種のサービスに合った予約管理アプリを導入しないと、後で使いにくくなり、困ることがあります。

また、汎用アプリでも、提供サービスと同じ実績があるのかどうか確認した上で、導入してみましょう

 

予約管理アプリを使うときの注意点

予約管理アプリを使うときは注意した方がいいことがあるので、解説します。

 

必要な機能を精査する

予約管理アプリによって備えている機能が異なります。

そのため、選ぶ際は、自社にひつような機能があるかよくチェックしないといけません。

このような機能が必要、この機能は譲れないというものがあるのに、選別を間違えてしまうとあまり役に立たない可能性もあります。

有料版を使うときは、特に注意してアプリを選びましょう。

 

対応状況を確認する

予約管理アプリというと、普通はスマホやタブレットで使えますが、バージョンの対応状況も確認しておきましょう。

古い機種を利用している場合などでは、対応できないことがあります。

また、パソコンとスマホ、タブレット全てに対応しているアプリもあるし、スマホだけ、タブレット使用が前提などいろいろな種類があります。どのような種類が自社に合うかも吟味してください。

 

無料のものは利用制限がある場合も

予約管理アプリには無料のものと有料のものがありますが、無料のものには利用制限がかけられている場合があります。

利用できる店舗は何店まで、使用期間はいつまで、顧客情報の登録数は○○までなどの場合です。

無料であることはありがたいのですが、利用制限があると、思うような予約管理ができないケースもあるでしょう。

そのため、有料版を利用した方が予約管理をしやすくなります。

ただ、いったん有料版を申し込んで使用を始めると、切り替えがしにくくなるので、導入前によく考えてから利用してください。

 

操作に慣れる時間が必要な場合がある

予約管理アプリの中には操作が簡単で、直感的に使えると謳っているものもありますが、全てではありません。

ちょっと操作しにくいものもあります。

そのようなものを導入すると、従業員が操作に慣れるための時間が必要になるでしょう。

 

おすすめ予約管理アプリ8選

予約管理アプリの選び方を見てみましたが、実際にはどんなアプリを使えばいいのだろうと迷うこともあるでしょう。

そこで、これはおすすめできるという予約管理アプリを集めてみました。

この中から選んでいただければ、あなたのお店でも使いやすく、お客さまにも従業員にも納得してもらえるというアプリです。

気に入ったものがあれば、ぜひインストールしてみてください。

 

tol

画像引用元:tol公式サイト

tolは難しい知識や技術がなくてもスマホで使える予約管理アプリ。

SNS感覚で多くの機能を利用できます。主な機能は次のようなものです。

  • ネット予約
  • 事前決済
  • 予約管理
  • 顧客管理
  • メール送信など

充実の機能でビジネスをサポートしてくれます。

アプリから必要な情報を入力するだけ、予約サイトも簡単に作れます。SNSやHPに「予約はこちらから」と載せてみましょう。

tolはスモールビジネスの味方でもあります。個人事業主やスモールチームが運営しやすい作りになっています。

スマホ予約だけでなく、電話予約・ネット予約・来店時の次回予約などはクラウド上で一元管理が可能です。

tolの使い方は以下の通りです。

  1. アプリをインストールする
  2. プロフィールやサービスを設定する
  3. SNSやHP、LINEなどにリンクを載せてみる
  4. 予約が入ると、プッシュ通知でお知らせ
  5. 予約に問題がない場合は承認して、サービス提供をする

tolの料金プランは4種類です。

プラン名StarterプランBusinessプランShopプランCompanyプラン
おすすめの方まずはお試しで利用お仕事でご利用の方へ複数スタッフがいるお店の方へ複数店舗運営の方へ
機能ネット予約機能
予約管理機能
ネット決済機能
各種メール自動送信機能
承認制予約の受付
予約受付プッシュ通知
予約ページのQRコード生成
Starterプランの機能
add
顧客管理機能
追加質問機能
オプションメニュー
オリジナルメール設定
予約ブロック機能
オリジナルロゴ設定
SNSリンク設定
グループ予約設定
3部制以上の受付時間の設定
営業終了時間設定
Businessプランの機能
add
複数スタッフ管理機能
スタッフ指名機能
売上管理機能
Shopプランの機能
add
複数店舗一括管理機能
スタッフ権限管理機能
アナリティクス機能
月額料金0円3,980円要問い合わせ要問い合わせ

※プランの変更はアプリからできます

 

レストランボード

画像引用元:Restaurant BOARD公式サイト

レストランボードはアプリ名が示すように飲食店に特化した予約管理アプリです。App Storeからインストールできます。

基本料金は0円ですぐ始められます。操作は直感的で簡単。無料のPOSレジアプリ「Airレジ」と連携が可能です。

無料アプリの基本機能は以下のようなものです。

  • テーブル管理:空席情報をネット予約と自動連携し、面倒な転記は不要
  • 予約管理:ネット予約も電話予約も一元管理
  • 顧客管理:来店履歴や予約情報できめ細やかな対応が可能

テーブル管理では、着席からの経過時間が表示され、席の稼働状況が一目で把握できます。

次の予約や空席の状況もすぐに分かるので、お客様に案内しやすいです。

予約台帳は直感的な操作で予約の登録・変更ができます。グルメサイト予約は自動的に反映されます。

スタッフ同士での共有もしやすいです。

顧客台帳を使えば、記念日の際のお声がけやサプライズなど、お客さまとの関係を深められます。

オプションでは、メッセージ配信、ホームページ作成、ネット広告配信などの機能を加えられます。

レストランボードの使い方は以下の通りです。

  1. App Storeからアプリをインストールする
  2. 無料アカウントを作成する
  3. 初期設定をする
  4. 利用開始

 

トレタ

画像引用元:TORETA公式サイト

トレタは飲食店・レストラン向けの予約管理アプリ。

予約管理をデジタルしてくれるアプリで、トラブル防止や業務の効率化ができます。さらに、顧客情報を活用して、接客にも活かせます。

使いやすさに徹底的にこだわっているのもトレタ。

トレーニング不要で直感的な操作ができ、間違えたり迷ったりすることもありません。

20以上のグルメサイト・10以上のPOSとシステムとの連携も可能。連携数では圧倒的な多さを誇ります。

安定性も抜群。障害の発生率も非常に低く、稼働率は99.9983%です。

お客さまの来店回数、好み、特徴なども登録でき、きめ細やかな接待ができます。

基本プランで利用できる機能は予約管理・顧客管理・集計分析・ウェブ予約・グルメサイト連携です、その他の機能はオプションになります。

トレタ導入までの流れです。

  1. フォームから問い合わせをすると、同社担当者より連絡・提案がある
  2. 申し込み受付後、同社で各種設定をする。お店側でも設定変更可能
  3. 運用テストと導入サポートを実施
  4. 運用開始

申し込み後2週間くらいで利用できるようになります。利用に当たっては、iPad(iPadOS 15以上)が必要です。

トレタの利用料金は公式サイトに表示されていません。詳しいことはお問い合わせの上、確認してください。

 

Broval App(ブローバルアプリ)

画像引用元:Broval App公式サイト

Broval App(ブローバルアプリ)は業務効率化アプリ。業務効率化の中に予約管理業務が含まれます。

様々な機能がありますが、予約管理ではWebサイトや会員証アプリから予約を受け付けることができます。受け付けた予約はPCやタブレット、スマートフォンで管理可能です。

機能はいろいろあります。

  • 営業日、基準となる設備や人などのスケジュールを設定して予約受付のスケジュールを作成
  • サービスなどの提供時間や数量を設定してメニューを作成
  • 予約状況を表示する予約表を自動で作成
  • 予約サイトを公開してWebサイトや会員証アプリから予約を受け付けられる
  • 予約日が近づくと予約の確認メールやPush通知を送信可能
  • 会員証システムと連携して会員の予約受付と管理できる

対応業種はサロンやスクール、クリニックなど幅広いです。

BrovalAppのMobileアプリはiOS / Android対応です。

料金は公式サイトに公表されていませんが、BrovalBoxのコーナーで0円で利用できるとなっています。

 

STORES予約

画像引用元:STORES 予約 公式サイト

STORES 予約には、「管理者様向けアプリ」というものがあります。お客さまからの予約に対応できるアプリで、無料で利用できます。アプリ内課金もありません。

アプリ内でできることは、予約の管理/通知、重要なお知らせの閲覧、開業者向けメディア[ビズシル]の記事閲覧、アカウント情報の編集、管理画面へのワンタッチリンクなどです。

アプリは誰でも使えます。新しい予約が入ると、プッシュ通知でお知らせ。

いつでもどこでも最新の予約をチェックできます。予約や顧客管理をまとめて、あらゆる業種に対応できます。

Webサイトの知識がなくても、簡単にネット予約のページも作成可能です。

使い方は以下のようになっています。

  1. アプリをインストールする
  2. お客様からの予約もしくは決済時に自動的に顧客ページが作成される
  3. アプリを立ち上げて、ログインする

パソコンとスマホの両方で利用できるSTORES 予約 の場合は、累計導入社数15万社以上で、様々な業種に対応しています。

各店舗のアカウントもまとめて管理でき、5店舗以上の管理もスムーズです。

予約受付・管理は次のように柔軟にできます。

  • スタッフごとに受付・管理
  • お客さまもスタッフも、スマホアプリでかんたん操作
  • LINE連携で、予約も自動案内もスムーズ
  • 自動リマインドの設定や、予約時のアンケートもカスタマイズ可能
  • Googleカレンダー連携でスムーズなスケジュール管理

予約・決済・顧客管理もまとめてでき、従業員の業務負担も軽減しますから、本来の業務に集中しやすくなります。

STORES 予約利用までの流れは以下の通りです

  1. 最短1分で無料登録
  2. 予約タイプを選び、ページを作成
  3. ページを公開して予約受付を開始

こちらのプランごとの料金は以下の通りです。

プラン名フリースモールチームビジネスエンタープライズ
特徴月間予約件数:50
予約ページ公開数:2
登録スタッフ数:-
月間予約件数:200
予約ページ公開数:10
登録スタッフ数:-
月間予約件数:300
予約ページ公開数:10
登録スタッフ数:3
月間予約件数:2000
予約ページ公開数:50
登録スタッフ数:20
月間予約件数:5000
予約ページ公開数:100
登録スタッフ数:無制限
月額料金0円通常価格 (税込月額) 12,980円通常価格 (税込月額) 22,880円通常価格 (税込月額) 31,790円通常価格 (税込月額) 77,000円
年契約の場合の月額料金税込月額9,790円税込月額19,690円税込月額28,600円税込月額66,000円

 

Square予約

画像引用元:Square予約公式サイト

Square予約は、予約管理も決済もこなし、店舗業務を効率化する予約管理アプリです。

Google PlayとApp Storeからインストールできます。予約管理機能の特徴は以下のようになっています。

  • 外出先からも予約管理が可能
  • お客さまも手軽に使える無料予約サイト
  • メール・SMSによる自動リマインダー
  • 繰り返しの予約
  • 複数店舗の管理
  • InstagramやGoogleとの連携
  • キャンセル料や無連絡キャンセル手数料の設定
  • 複数のサービス(異なるスタッフが担当)のネット予約が可能

対応業種は専門サービス、家庭教師・音楽教室、ヘアサロン、理髪店、美容・ネイルサロン、パーソナルトレーニング、マッサージボディケアなど様々。多くのお店で導入されています。

Squareのその他サービスはもちろん、Wix、Mailchimp、freee会計など、他社アプリとの連携も可能。連携によりお客様のニーズに合ったサービスの提供もできます。

Square予約の料金プランは以下の通りです。

プラン名フリープラスプレミアム
月額料金無料(1つのSquareアカウントにつき1店舗限定)3,000円(店舗ごとに月額)8,000円(店舗ごとに月額)
主な機能スタッフアカウント数の上限なし
専用予約サイトとSNS連携
統合型決済サービス
メール・SMSによる自動リマインダー
フリープランに含まれるすべての機能
メール・SMSによるお客さまへの予約確認
複数スタッフを対象にした予約
無連絡キャンセルの防止対策
対応時間の設定
プラスプランに含まれるすべての機能
スタッフ プラス
リソース管理
スタッフの歩合給のカスタム設定

 

Ordee(オーディー)

画像引用元:Ordee公式サイト

Ordee(オーディー)はフードデリバリーの注文を一括管理できるシステム。

Google PlayとApp Storeからインストールし、タブレットで使用できます。

予約注文管理はタブレット1つに集約。タブレットの置き場所に困ることもなく、教育コストもかかりません。

UberEatsに店舗とゴーストレストランの2つを出店するとタブレットが2つ必要になりますが、Ordeeなら1つで大丈夫です。

複数サイトの予約も一元管理できます。複数店舗の予約受付も一括でできます。

レシートプリンターと連携すれば、ハンディ打ち込みは不要に。予約注文から調理までがスムーズに進みます。

品切れ管理・受付停止・注文履歴の確認なども、Ordeeのタブレットアプリ1つあれば、各社サービスの操作をまとめて行えます。

導入までは最短2週間で、その間に手厚いサポートもあるので、使い方に戸惑うこともないでしょう。

ただ、10店舗以上展開している企業でないと、利用ができません。小規模展開のお店などの場合は、別の予約管理アプリを使う必要があります。

利用料金については公式サイトで公表されていません。要問い合わせです。

 

EPARK(イーパーク)

画像引用元:EPARK公式サイト

EPARKは特許を取得した順番待ち&予約受けシステムです。スマートフォンや店頭タッチパネル端末から、スマートな順番待ち受付や日時指定(将来順番)受付を可能にしました。

加盟店数は約10万、会員数は4,000万人規模を誇ります。

国内シェアNo.1のシステムです。飲食店、理美容室、病院、携帯ショップ、市役所区役所など様々な施設で導入されています。

機能はいろいろありますが、3つだけ紹介しておきましょう。

まず順番受付では、施設に設置の専用端末やWEB上から施設の混雑状況の確認、順番待ち受付ができます。

これでスタッフの受付業務も軽減します。

2つ目の機能は日時指定受け付け。当日はもちろん、日時を指定した順番待ちに対しても、施設内の専用端末のほかWEB上で対応可能です。機会損失を防ぐのに役立ちます。

専用端末はタッチパネル式で簡単。指一本で操作ができます。視認性・操作性抜群です。

EPARKにはアプリ版があり、Google PlayやApp Storeからインストールできます。スマホで簡単に予約・順番受付ができ、待ち時間を短縮できます。

ただし、順番待ち、予約は対応している施設のみです。

EPARKの利用に料金はかかりません。基本無料で利用できます。会員登録しても料金は発生しません。

オプションとして、<クーポンBOX 110円(税込)/月>と<EPARKコンシェル 220円(税込)/月>があります。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP