仮予約機能があるおすすめの予約システムの比較ランキング3選!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

仮予約機能があるおすすめの予約システムを教えて!


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

予約システムでは、予約業務はすべてシステムで自動化されます。

ただ、予約システムの中には「仮予約機能」が搭載されているものがあります。

この記事では、この「仮予約機能」の概要と搭載されている予約システムを紹介します。

仮予約機能とは?

仮予約機能とは、利用者が予約の手続きをした際に、自動的に予約状態にはせずに、管理者が予約者情報を一度確認してから予約を承認する機能です。

仮予約機能があることで、既存顧客なのに新規限定メニューを予約していたり、女性限定メニューなのに男性が予約しているなど、間違った予約が入らないように事前に防止できます。

このような、間違った予約に対して、一度予約が完了してからお断りの連絡を入れるよりも、予約受付時に確認する方がスムーズになります。

また、ネットからの予約に対応したいが、いきなり即時予約を導入するには抵抗がある、という企業が仮予約機能を利用することがあります。

 

仮予約機能が便利なケース

ここでは、仮予約機能を利用するといいケースを紹介します。

 

審査後に予約確定とするレンタルスペース・貸会議室

予約時に入力された予約者や用途を審査した後に予約確定とするレンタルスペースや貸会議室などで、仮予約機能は便利です。

予約が確定するまでには、部屋と日時のマッチングに加えて、書面による本人確認申請や、電話による利用人数・用途の確認、銀行振込による事前入金など、多くの作業が必要です。

仮予約機能を使えば、仮予約というステップを挟むことで作業がスムーズになります。

例えば10人で利用する小規模な会議室は即時予約にしておき、50人以上の大きな会議室は、備品の調整や見積など人的対応を挟ませるため仮予約にする、という運用が可能です。

 

会員ランクに応じた内部調整をする貸会議室

会員ランクに応じて内部調整ができる貸会議室などにも、仮予約機能は便利です。

すでに仮予約になっている時間帯に、得意先からの予約があった場合など、内部調整をしたうえで、得意先の希望を優先的にかなえるといった運用も可能です。

 

上長承認が必要な社内会議室

社内会議室を使う際に、上長の承認が必要なケースにも、仮予約機能は便利です。

予約時に、部屋、日時、備品、用途などの情報を入力し、上長がその内容を確認した上で承認し、予約が確定するケースに対応できます。

 

銀行振込による事前入金確認で予約確定とする場合

レッスンなどの予約に、銀行振込による事前入金が確認できたら予約確定とするケースにも、仮予約機能が使えます。

例えば料理教室などは参加人数に合わせて材料を準備する必要があるため、予約は事前入金を条件にしています。

レッスンの申し込みの段階では仮予約としておき、銀行口座に入気にが確認された時点で仮予約を承認し、予約が確定します。

もし指定した期日までに入金が確認できない場合は、仮予約をキャンセルします。

 

予約の中から人為的に選定したものを確定とする場合

予約者の中から、人為的に選定した人のみを予約確定とする場合にも、仮予約機能は便利です。

例えば、30名まで仮予約として受け付けておき、その中から人為的に選定した10名のみを予約確定とするという運用ができます。

選定から落選した20名に対しては一斉に落選メールを通知し、選ばれた10名に対しては予約確定の旨を一斉にメールで通知することが可能です。

 

仮予約機能に対応している予約システム3選

ここからは、仮予約機能に対応している予約システムを3つ紹介します。

 

RESERVA

RESERVA Reservation(レゼルバ)はサロンや美容院だけでなく、医療機関やスクール、イベント、宿泊施設などあらゆる業種に対応した予約システムです。

各業種に適した予約フォームをサイト内に埋め込むことができるため、利用者にとって操作しやすくなっています。

また、予約メニューが多い場合は、予約ページのトップでカテゴリが選択可能で、各メニューにイメージを追加することで、予約時の選択ミスが防げます。

「RESERVA」の予約ページは「メニュー表示」「担当者選択」「日程選択」「連絡先入力」と4つのページで構成されていて、1ページで入力・確認する内容が少ないため、操作性が向上しています。

初めて予約フォームを利用する場合や、スマートフォンやパソコンの操作に不慣れな利用者でもストレスなく予約を完了できます。

また、RESERVAではメール配信も可能で、すべての顧客に配信するだけでなく、属性で絞って特別なメルマガを配信できるため、コンバージョン率を高めるために利用できます。

例えば、サロンでの誕生日のクーポンメール配信や、クリニックでの予防接種や定期健診の案内メールなど、顧客満足度の向上にも活用可能です。

ネット予約ではキャンセル率が上がるという問題がありますが、クレジットカードによる事前決済にも対応しているため、当日キャンセルの対策ができます。

もし当日にキャンセルされた場合でも、クレジットカードからキャンセル料を徴収できます。

 

ChoiceRESERVE

Choice RESERVE(チョイスリザーブ)は、クラウド型の予約管理システムです。幅広い企業から信頼されていて、3,000件を超える導入実績があります。

業界や業種ごとに異なる予約システムの課題を常に意識し、利用しやすくなるようにシステムを更新しているのが特徴です。また、導入から運用まで徹底的にサポートしてくれます。

ChoiceRESERVEの予約システムは、URLを発行することが可能で、ホームページとして利用できます。そのため、ドメイン取得などホームページ開設に必要なこともサポートしてくれるため安心です。

ホームページの作成画面は、情報を入力するだけで完了するため、HTMLなどの専門的な知識がない場合でも簡単に作ることができます。

システムを導入するん場合は、専門的知識が必要になると、対応できる人材探しや人員を割かなければなりません。

ChoiceRESERVEは、知識がなくても指示に従って入力するだけで予約システムが導入できるため、多くの企業に選ばれています。

すでにホームページを運用している場合でも、個別に発行されるURLをホームページとリンクするだけで予約サイトと接続可能で、埋め込みの場合には、ホームページへの埋め込み用のタグを発行してサイトのHTMLソースに貼り付けるだけで完了します。

 

SELECTTYPE

セレクトタイプは、豊富なテンプレートから簡単に予約フォーム付きのホームページが作成できるサービスです。

飲食店や美容院など、さまざまな業種のネット予約受付を無料から始めることができます。

SELECTTYPEでは、基本的な機能を無料で提供しています。そのため、予約システムの導入コストを抑えることができます。無料プランでも予約フォームの作成やイベント作成、アンケートフォームなど豊富な機能を利用することができます。

また、予約システムから受け付けた顧客情報を自動的にデータベース化してくれるため、顧客情報のリスト化や会員システムが簡単に作成できます。

SELECTTYPEでは、他にも以下の機能が搭載されています。

・予約システム構築
・ホームページ作成
・イベント・セミナー管理
・メールフォーム作成
・アンケート調査
・顧客管理
・WEB決済

無料から豊富な機能が利用できるため、まずはネット予約を始めてみたい店舗などにおすすめです。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP