オフショア(海外開発)で予約システムを依頼するメリットは?ポイントをご紹介!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

システムのオフショア開発って何?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

市場には様々な予約システムがありますが、自社のサービスにいまいち合わないということがあります。

そのようなときに新たに予約システムを開発すれば、自社サービスにぴったりマッチするようになり、適切な接客ができるようになるでしょう。

そこで今回は、そんな予約システム開発の手法の一つであるオフショア開発に注目し、特徴などを解説します。

オフショア開発とは?

オフショア開発とは、海外の企業や現地法人にシステムなどの開発・運用・保守業務を委託することです。

近年、日本ではエンジニアの人手不足、人件費の高騰、IT導入企業の増加などにより、システム開発に支障をきたす事態も起きています。

スムーズにシステムやアプリを開発できず、どうすればいいか悩んでいるという企業があるとも言います。

そこで、システムやアプリの開発を海外に任せ、海外の豊富な人的リソースなども活用しながら、ビジネス対策する手法に注目が集まっているのです。

 

オフショア開発の対象国

オフショア開発では、システムなどの開発を海外企業に委託するのですが、対象国は欧米などではなく、人件費が安い発展途上国や新興国になっています。主な対象国は以下の通りです。

  • インド
  • 中国
  • ベトナム
  • フィリピン
  • バングラデッシュなど

 

予約システム開発でオフショア開発を利用するメリット

予約システム開発でオフショア開発を利用するメリットは次のようなことです。

  • コストを削減できる
  • 優秀なエンジニアを採用できる
  • 高機能な予約システムを開発できる
  • 納期を短縮できる

それぞれのメリットの意味を解説しましょう。

 

コストを削減できる

予約システムをオフショアで開発すると、コストが削減できます。

理由は、人件費の安い海外の企業にシステム開発を委託できるからです。

予約システムなどの開発で大きな割合を占めるのが人件費。エンジニアに支払う作業量が日本では高くなりがちです。

その点、人件費の安い発展途上国や新興国の企業に予約システム開発を任せれば、費用は安くなり、採算も取りやすくなるでしょう。

 

優秀なエンジニアを採用できる

予約システムをオフショアで開発すれば、優秀なエンジニアを採用できます。

現在、日本ではIT化やデジタル化の進展に伴い、多くの専門家が必要になっていますが、需要に対して供給が追い付いていない状況です。優秀なエンジニアは引く手あまたであり、なかなか集めにくくなっています。

今後も日本ではエンジニアの需要は高いままで、このままでは思うようなシステム開発を任せられる人が見つからなくなるかもしれません。

そこで、予約システム開発でもオフショア開発を利用すると、海外の優秀なエンジニアと縁ができ、採用することもできます。海外には優秀なエンジニアがたくさんいます。

海外のIT企業と折衝を続け、仕事を行っていけば、そのような人材も確保しやすくなるでしょう。

 

高機能な予約システムを開発できる

予約システムをオフショアで開発すると、高機能なものを制作できます。

海外の優秀なエンジニアに開発を委託することになるので、機能性については優れています。

コミュニケーションさえしっかり取れれば、自社サービスにマッチした最適な予約システムも作ってくれるでしょう。

 

納期を短縮できる

オフショア開発は海外の企業にシステム開発を委託する手法ですが、クラウドシステムなどを通じて、国内のエンジニアも同時参加します。

作業を同時進行するメリットは、予約システム開発の行程が短縮化されるということです。早くシステムが完成し、現場に活かしやすくなるでしょう。

 

オフショア開発で予約システムを開発するポイント

予約システムをオフショア開発する際には押さえておきたいポイントがあるので、解説しましょう。

 

事前準備をしっかりする

予約システムをオフショア開発する場合は、事前準備が非常に大切です。

日本とは文化も風習も働き方も異なる海外エンジニアに委託することになるので、認識の齟齬があれば、システム開発の支障になってしまいます。しっかりと相手方のことを理解し、意思疎通したうえで委託しなければいけません。

言葉や時差も業務を進めるうえで確認しておく必要がある事項です。何語でコミュニケーションを取るのか、時差についてはどのように対応するのかあらかじめ決めておかなければいけないでしょう。言葉については、ブリッジSEが必要になってくるでしょう。

契約書や仕様についてのルールも理解しなければいけません。多くの海外の国では、契約書や仕様に記載されていないことは手を付けず、実装しないことになっています。

日本では記載されていないことでも暗黙の裡に伝わり、エンジニアが手掛けることがありますが、そのような文化は海外にはありません。

予約システムに実装したい内容については、詳細に契約書や仕様に記載しておきましょう。

最も大事な準備は、良好なコミュニケーションを取ること。言葉の障害を乗り越えて、円滑な意思疎通が図れれば、どのようなことでも対応しやすくなります。

 

ブリッジSEを見極める

ブリッジSEとは、オフショア開発において日本企業と海外企業の橋渡し役を演じるエンジニアです。仕事内容は次のようになっています。

  • 委託元と現地エンジニアの認識をそろえる
  • 設計書を翻訳したり、補足説明を行ったりする
  • 開発の進捗管理や報告を行う
  • 納品物の受け入れ確認を行うなど

オフショア開発では、言葉と文化の違う海外エンジニアに予約システムの開発を委託するのですから、双方の認識に齟齬があればうまくいきません。そのため、ブリッジSEの役割は非常に大きいのです。

そこでポイントになるのがブリッジSEを見極める目です。どのような人を採用するか精査しなければいけません。確認ポイントとしては以下のようなものがあります。

  • コミュニケーション能力が十分にあるか
  • 技術面についての知識が十分にあるか
  • プロジェクトマネジメント能力があるか
  • リーダーシップを発揮できるか
  • 問題解決能力があるか
  • プレゼンテーション能力があるか
  • 柔軟性があるか
  • 根気強い人か

優秀なブリッジSEを採用できると、高品質な予約システムを開発しやすくなります。

 

進捗状況の管理と納期に注意する

日本とは文化も働き方も異なる海外のエンジニアに予約システム開花を委託する場合は、進捗状況の管理と納期に注意しましょう。

日本に比べて鷹揚な国もあり、システム開発の進捗状況管理や納期に緩い場合があります。○○頃までにできるだろうと予想していたら、納期がかなり違っていたというケースもあるでしょう。

日本ではサービス提供の納期については厳格に守るのが一般的ですが、海外では事情が違う場合もあるのです。そのため、各国の事情を把握しておく必要があります。

もう一点注意したいのが時差。海外とは仕事をする時間が違うので、予約システム開発の進捗状況や納期に時差が微妙に影響してきます。時差のせいで予定とは違った時間に納品されることもあるでしょう。

それが今後の運用にもマイナスに作用することもありますから、事前によく打ち合わせをした上で、確実の納品できる日時を確認しておきましょう。

 

発注先は慎重に選ぶ

オフショア開発で海外の企業エンジニアに予約システム開発を委託するときは、発注先の選択を慎重に行いましょう。

自社サービスとの相性、実績、企業の特性なども考慮して、複数の会社を比較・検討してください。その中から1番よいところを選ぶのですが、選択を間違えると、希望通りの予約システムが開発されません。

費用ばかりかかって損をしたと言うことにならないように、企業・エンジニア選別には注意が必要です。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP