ホテルのチェックイン・チェックアウトの方法は?注意点についても解説!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

ホテルのチェックイン・チェックアウトの方法を教えて!


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

ホテルや旅館に宿泊する際には、必ずチェックイン・チェックアウトという手続きが必要です。

ただ、初めて宿泊する場合などは、方法がよく分からないという方もいるかもしれません。

この記事では、ホテルのチェックイン・チェックアウトの方法やその他の注意点について解説します。

ホテルのチェックイン・チェックアウトとは?

「チェックイン」とは、ホテルなどの宿泊施設に到着して最初におこなう宿泊の手続きのことです。

チェックイン時間と記載があれば、それは部屋を利用開始できる時間のことになります。

「チェックアウト」とは、チェックインとは反対で、宿泊した部屋を引き払って精算を済ませることです。

チェックイン時間やチェックアウトについては、宿泊施設によってさまざまですが、チェックイン時間が15時、チェックアウト時間は10時〜11時のところが多いようです。

また、追加代金を支払うことで通常より早くチェックイン(アーリーチェックイン)できたり、少し遅めのお昼ごろにチェックアウトできるレイトチェックアウトプランを用意している宿泊施設もあります。

 

チェックインの方法について

ここでは、チェックインの手続きの方法を紹介します。

 

ホテルのフロントに名前を言う

宿泊先に到着したら、まずフロントで予約した代表者の名前を伝えます。旅行会社経由で予約した場合は、予約確認書がもらえるため、それを提示します。ネット予約の場合は、旅行前にプリントアウトしておくか、スマートフォンですぐに見れるようにしておきましょう。

 

宿泊台帳に氏名等を記載

次に、宿泊台帳(宿泊カード、宿帳など)に名前や住所などの個人情報を記入します。

この際に、駐車場の利用の有無を確認する場合があります。また、フロントで貸し出してもらえる備品や、浴衣のサイズのリクエストなどがあれば伝えておきましょう。

料金が前払いとなっている宿泊施設の場合は、この時点で支払いを行います。

 

ルームキーを受け取り部屋に向かう

スタッフから宿泊中の注意事項などの説明を受けたら、ルームキー、朝食利用券や館内マップなどを受け取り、部屋に向かいます。宿泊施設によっては、部屋まで案内してくれる場合もあるため、その場合はスタッフの誘導を待ちましょう。

一度チェックインした後に外出する場合は、鍵をフロントに預ける必要があるホテルも存在します。

部屋の中には、ホテルでの過ごし方や非常時の避難経路などが書かれたパンフレットがあるため確認しましょう。

また、多くのホテルでは部屋の鍵はオートロックとなっています。そのため、鍵を持たずに部屋を出てしまうと、部屋に入れなくなってしまうため注意しましょう。

もし部屋に入れなくなった場合は、フロントに相談してマスターキーで開けてもらうようにしましょう。

到着してすぐに部屋を利用したい場合は、チェックイン時間までに余裕をもって到着するようにしましょう。

時間帯によっては、チェックインのために宿泊客が集中するため、フロントが混雑して手続きに時間がかかることがあります。

最近では、ビジネスホテルなどで自動チェックイン機を設置する施設が増えています。

この場合は、フロントで宿泊カードの記入を済ませてから、支払いや鍵の受け取りを自動チェックイン機で済ませる、という流れになります。

スタッフが近くに待機している場合が多いため、操作が分からない場合は確認しましょう。

機械の操作に慣れればスムーズに手続きが可能で、機械の台数が多ければ待ち時間も少なく済む点がメリットです。

 

海外でチェックインする方法

海外の宿泊施設でチェックインする場合は、英語でチェックインの手続きを行う必要があります。

ホテルに到着したらフロントで「Check-in、please」と言いましょう。

英語に不安がある場合は、予約確認書を見せるとよりスムーズに手続きできます。

スマートフォンの画面で見せる方法もありますが、Wi-Fiが繋がらないことや、バッテリーの充電が切れているなどのトラブルがあるかもしれないため、ネット予約の場合でもプリントアウトして持参するのがおすすめです。

チェックインの手続きは国内の場合とほぼ同じですが、デポジット(預り金)としてクレジットカードの提示を求められる場合があります。

 

チェックアウトの方法

次に、チェックアウトの手続きの方法を紹介します。

チェックアウトには時間が設定されていますが、その時間帯で部屋の掃除が入るため、時間は厳守しましょう。

ルームサービスや有料施設などを使っておらず、料金を事前に精算している場合は、ルームキーを返却するだけで完了します。

もし精算が必要なものがあれば、請求内容についての説明があります。

部屋の冷蔵庫にあるドリンクやテレビの有料チャンネルなどを使用すると、その代金が請求されますが、まれに使用していないのに請求されるケースがあるため、支払いの前に明細をよく確認しましょう。

チェックアウトでは、チェックインと同様に「スマートチェックアウト」ができるホテルもあります。スマートチェックアウトは、カードキーをボックスに入れるだけなど、各ホテルによりシステムが異なります。

 

チェックインの時間に遅れる場合は?

チェックインやチェックアウトの時間は、宿泊施設によって決まっています。

たいていの宿泊施設では、予約時に到着時間を申告する場合が多いため、だいたいの時間は事前に決めておきましょう。

宿泊施設に早く到着する分にはいいのですが、大幅に遅れる場合は必ず連絡するようにしましょう。もし夕食付のプランで申し込んでいる場合は、影響が出てしまいます。

また、オーバーブッキングがある場合は、連絡なしで到着が遅れているとキャンセルされてしまうこともあるため注意が必要です。

家族経営のような小さな旅館などの場合は、門限が設定されていることもあります。もし到着が遅れそうな場合は、予約時に確認しておきましょう。

同行者が遅れる場合は、チェックインの際にスタッフに伝えておきましょう。

この場合、ルームキーを全員分渡してもらうか、同行者が到着した際に申し出て受け取るかは施設によって対応が異なります。

ルームキーがないとエレベーターに乗れない宿泊施設もあるため、この場合は特に注意が必要です。

 

チェックイン前に荷物を預けることはできる?

基本的に、チェックインの前には宿泊施設は利用できませんが、中にはチェックイン前に荷物を預かってくれる場合があります。

もし事前に荷物を預かってほしい場合は、予約時に確認するか、当日にフロントで宿泊者であることを伝え、チェックイン時間まで荷物を預かってほしいと伝えましょう。

フロントでそのまま荷物を預かってくれたり、荷物預り専用デスクを案内される場合があります。

また、チェックアウト後でも荷物を預かってもらえる場合もあるため、必要な場合は確認してみましょう。

 

チェックイン前でもホテルの施設を使用できる?

宿泊施設によっては、部屋の他に事務や大浴場、プライベートビーチなどを併設している場合があります。

このような宿泊施設の場合は、フロントで宿泊者であることを伝えれば、チェックイン前でも施設を利用できる場合があります。

ただし、各施設の使用にルームキーなど宿泊者であることを証明できるものが必要な場合があり、施設の使用の可否もホテルによって対応が異なります。

そのため、必ずチェックイン前に、フロントでチェックイン前でも使用できるかどうかを確認するようにしましょう。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP