繫盛サロンをパクるのはOK?TTP(徹底的にパクる)のは事業戦略として有り

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

繫盛サロンをパクるのはOK?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

繫盛サロンのパクリはOK?

他人のビジネスを模倣することは、法律上も倫理的にも問題がある可能性があります。

また、模倣することは、オリジナリティーや創造性に欠けて、自身のビジネスを発展させるためのアイデアやノウハウを持たないことを示唆することになり、ビジネスの拡大が出来ないという事になりかねません。

 

パクると訴訟問題になる?

ここではパクった事による弊害をご紹介します。

他のサロンを無断で模倣(パクる)することは、法的に問題がある場合があります。

具体的には、以下のような法的措置が考えられます。

 

商標権侵害

一番パクって問題なのは商標権です。

商標権侵害の場合、被害者は、訴訟を起こすことで損害賠償や差止めなどの救済を求めることができますので、サロン名やメニュー名がそっくりなのは、こういった問題になりますので、この部分をパクるとかなり揉めると思います。

 

著作権侵害

他人の著作物を無断で使用することは著作権の侵害となる場合があります。著作権侵害の場合、被害者は、訴訟を起こすことで損害賠償や差止めなどの救済を求めることができます。

 

競業違反

他人のビジネスモデルを真似ることが、競業違反にあたる場合があります。競業違反の場合、被害者は、訴訟を起こすことで損害賠償や差止めなどの救済を求めることができます。

 

現実問題としてパクリによる訴訟は難しい

あなたが繁盛サロンを運営している場合、恐らくかなり色々な箇所でパクられが発生しているはずです。

弊社直営サロンのドライヘッドスパ専門店ヘッドミントもそうです。

価格や施術時間や看板等、あらゆる箇所で真似されています。

しかし、「看板」や「ロゴ」以外でパクられた事によって訴訟して勝つというのが難しいのが現状です。

何故なら、アイディアは著作権で保護されておらず、デザインは余程の類似でも商標権の侵害にはならないからです。

国として模倣で経済成長をしてきたという歴史があり、そこの要点を厳しくすると経済成長が出来なくなるからです。

どういう意味かと言いますと、模倣では経済成長が出来ないが、模倣して独自のアイディアを加える事により新たな市場や製品が形成されていくのです。

これがビジネスなので分かりにくいですが、勉強で考えてみましょう。

数学の「1+1=2」これは当たり前に使われていますが、ここの「+」部分が著作権と言われてしまったら、その後の「×」や「÷」といった数学が生まれなかったはずです。

なので、余程目に余る状態のパクリでないと提訴してもまず勝てないのです。

 

ビジネスには「TTP(徹底的にパクる)」という言葉が存在する

パクリは違法になりにくいというところを攻めて、「TTP(徹底的にパクる)」という言葉がビジネスには存在しています。

サロンでいうとりらくるを600店舗以上にした竹之内社長もTTPという言葉をよく使っています。

優秀なビジネスモデルだとただ単に真似るだけで、ある程度の利益が出てしまうのです。

しかし、その次のステップにいった時に、模倣だけでは2位以下の存在となってしまいます。

結局のところビジネスの成功は、創造性と独自性に基づいていることが多く、自身のアイデアを活かすことが、長期的な成功につながる可能性が高くなります。

繁盛サロンの成功を参考にして、独自のオリジナルなビジネスモデルを構築するこは多いに有りです。

 

パクられたらムカつく?絶対にパクられない仕組みを構築しなさい

サロンオーナーで他のサロンにパクられてムカつく!という方は多くいます。

しかし、私から言わせてもらうとパクられるところでムカついても仕方がないと言わざるを得ません。

価格も技術も広告も表現も、すべて誰でも出来るのにさも自分が開発して権利を主張するのは違います。

サロンでいうところで、パクられない もしくは パクっても差し止め請求が出来る箇所が2つだけあります。

それは

  • 名称
  • 仕組み

です。

 

名称

先ほど書いたように、サロン名やロゴはパクりにくい箇所です。

ですので、施術の技術じゃなく「その技術を開発した○○というサロン」というところまで知名度を昇華させれば良いのです。

例えば、

  • ポテトチップス=カルビー
  • 牛丼=吉野家
  • カレー=ココ壱番屋

等です。

そうすると、権威性が付き、パクられる事によってより知名度が増すという循環が生まれます。

ドライヘッドスパでいうと「悟空のきもち」というサロンがあります。TVで取り上げられた事により人気に火が付きましたが、更にサロンがドライヘッドスパという技術を取り入れる事によって、元祖である悟空のきもちにも注目が集まっているのです。

名称を広める為には、マーケティング力と運が必要になってきます。

 

仕組み

仕組と一言で言ってもかなり広いですが、要するにあなたのサロンにしか真似できない事が仕組みなのです。

例えばですが、以下の様な仕組みがあればサロンでは最強核です。

  • 独自の求人ルートを構築している
  • 独自のメディアを持っており、集客や物販が安定している
  • 独自のシステムを開発している

どれもかなり難しく、費用と歳月を要します。だからこそ、参入障壁となって他サロンが真似出来ないのです。

所謂大手と言われているサロンは、上記のどれか一つは実践しています。

技術に対して真似するな!なんて言っている大手サロンは僕は知らないですね。

もしパクっていたとしても気にすべてところはそこではないので、パクリしかできないサロンは脅威になりません。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP