「リピート率」と「リピーター率」の違いは?サロン運営の基礎知識

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

「リピート率」と「リピーター率」の違いは?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

リラクゼーションサロンのリピートの計算方法は?

私はYouTubeをやっておりますが、そこにこんなコメントが来ました。

https://dryheadspa-school.com/wp-content/themes/quadra_biz001/img/common/no_avatar.png

いつも楽しく拝見させて頂いております!
質問ですが、解説のリピート率ですが、オープンして半年は、新規累計からの数字で15%以下だと思いますが、オープンして1年25%、2年50%の数値の、期間は3ヶ月間とかでの数値でしょうか?

https://dryheadspa-school.com/wp-content/uploads/2023/02/bg_profile01_sp.jpg
堀田

コメントありがとうございます! 2年50%は、2年の間に一回でも来店されて、再来したらその月でみてリピートとしています。 なので、オープン初月に来て、2年後に来ても1カウントです。 3ヶ月空いて再来というケースもザラにあるので、リピート率が増えてっている感じです。

https://dryheadspa-school.com/wp-content/themes/quadra_biz001/img/common/no_avatar.png

ご回答ありがとうございますm(_ _)m そうゆう事ですか… そうすると一人一人調べるが大変そうですが、どの様に計算していますか? 一般的なサロン系のリピート率は、一定期間を定めて出してるか、累計新規数からかだと思うのですが、、 一定期間(例えば3ヶ月など)であれば、年数経てば、新規は減り会員は増えて、リピート率は上がる傾向だと思いますが、累計数だと、間違えなくリピート率は下がると思うのですが、、、 色々なサロンさんは、どの様に計算しているのかなと思いまして。

https://dryheadspa-school.com/wp-content/uploads/2023/02/bg_profile01_sp.jpg
堀田

(堀田)僕も細かい事はあまり気にしてしてないですが、EPARKのピークマネージャーって顧客管理システムで、リピートのデータを出力するとこんな感じで出ます。 リピートは累計ですが、新規はその当月だけで見てると思います。 恐らく何処のサロンも新規もリピートも期間縛りで出してるところは無いんじゃないですかね?

そこで改めてサロンのリピート率は何が正解かを教えたいと思います。

リピートを求める式には大きく分けて「リピート率」「リピート率」があります。

 

リピート率の求め方

リピート率(%)= 特定期間のリピート顧客数 ÷ 累計新規顧客数 × 100

上記が一般的なリピート率の求め方と言われております。

先ほどのコメント者が指摘された事ですね。

でも、サロンでこの公式はって正しいのか?と疑問に思ってしまいます。

次で詳しく説明します。

 

リピーター率の求め方

リピーター率(%)= 特定期間のリピート顧客数 ÷ 特定期間の総顧顧客数 × 100

いわゆるリピーター率ですね。私も認識が甘かったのですが、リピート率とリピーター率をごっちゃにしているサロンは多いのではないでしょうか?

これがサロンで使う場合のリピートの正しい出し方だと思います。

何故ならサロンは、一度新規で来店されてから3年後に再来する事も全然あるからです。

期間を定めてしまうと、数字がおかしくなってしまうからです。

例えば、100人の顧客がいたとして、半年でのリピート率を求めたとします。

  • 新規客が「50人」
  • 半年以内のリピーターが「40人」
  • 半年以前のリピーターが「10人」

この場合、10人のお客様の扱いはどうなるのでしょうか?宙に浮いてしまいますよね?

様々な顧客管理システムでリピート関連の数字を出す事が出来ますが、この方法でリピーター率を出しているシステムは多いと思います。

 

ネットに落ちている事が正しい事だとは限らない

私は、、多くのブログ記事を書いてきました。

その中で、私が書いたエビデンスのない感想レベルの事が、クリニックの公式サイトで多く紹介されています。

その文というのが「ミノキシジルは毛乳頭細胞を1.3倍活性化させるが、ヘッドマッサージも同じく1.3倍活性化する。両方を行うと1.5倍活性化する」というものです。

ここでポイントなのが、

  • 振動性の刺激を「ヘッドマッサージ」
  • 両方を使うと1.5倍

というのは、僕がドライヘッドスパに誘導したくて変えたものです。

つまり、何が言いたいのかというと誤った情報でも、数字を断言すると広まってしまうという事です。

 

低単価高回転率サロンはリピーター率の方が重要

低価格高回転率サロンは、他のサロンビジネスと違い、低単価高回転という特徴を持っています。

勿論、単価を上げて、強めの次回予約を促す事サロンもありますが、それはどちらかというと少数でしょう。

その為、強い次回予約をしなくてもよいサービスとなっている為、次回の来店時期はお客様自身に決めてもらいます。

そうすると1年後とか2年後とかに、フラッと予約が入ったりも多いので、リピート率で正確に数字を出すのは難しいのです。

また、リピート率を重視するとどうしても次回予約を取らないと!とお客様にプレッシャーを与えてしまい失客してしまうかもしれません。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP