サロンの管理職は辛い?メンヘラお局セラピストがいると地獄だからリストラしろ

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

サロンの管理職は辛い?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

サロンの管理職は辛い?

結論から言います。従業員のマネジメントが出来ないと辛いです。

一言にサロンと言っても美容院、エステサロン、リラクゼーションサロン、ネイルサロン色々ありますが、ここで言うサロンとは女性スタッフの比率が多いサロンの事です。

差別だの女性軽視だの色々言われると思いますが断言します。女性は扱いにくいし、組織として組み込んだら要らないトラブルを持ち込んできます。

管理職(店長以上)で女性の従業員が多く働いている場合は、まず間違いなく半年以内に管理職が病みますね。

その半年で一通り、女の扱いを理解しないとサロンが崩壊します。

一般企業で働いててマネジメントが得意!という方もいると思いますが、少なくとも異業種からサロンビジネスに参入した歴戦の勇者の様な社長の9割が「女性社員のマネジメントが嫌過ぎる」と言っていますね。

ただ、最初に雇った女性社員で質で、今後のサロンの雰囲気が形成されるので、良い従業員であれば楽しくサロン経営が出来る反面、メンヘラ気質の女性がコアメンバーであると地獄を見ます。

そういったコアメンバーは、高い確率で「お局」化します。

 

お局とは?その特徴は?

 

お局とは?

お局とは、職場に長く勤めているベテラン女性社員のうち、口調・態度・性格がきつい人のことを揶揄する意味で使われる言葉です。『お局様』と呼ばれることもあります。
引用:会社やグループでよく耳にする「お局」とはどんな人?

本来は女性の重要人物という意味で使われておりましたが、現在では上記の意味で言われる事がほどんどです。

けして良い意味ではありません。

 

お局の特徴は?

お局の特徴当てはまる確率ヘッドミントのお局
プライドが高い34.3%
期限の浮き沈みが激しい33.3%
仕事が早い32.3%
愚痴や陰口が多い31.7%×
相手によって態度を変える30%
謎のマイルールを周りの社員に押し付けている24.3%×
仕事のクオリティが高い19.7%
理不尽なことで怒る18.7%
想定外の事が起きても柔軟に対応する18.7%
新入社員に対して当たりが強い18%×
周りの人をうまく巻き込んで仕事をしている17.7%
他部署への口出しが多い14.3%
生産性が高い10.3%×
自分だけの適応されるルールを勝手に作っている8.3%

お局の特徴はこんな感じですね。

一般的なお局は「協調性が無く性格も悪いが、仕事は出来る」というのに対し、過去ヘッドミントにいたお局の特徴は、仕事は出来ないメンヘラって感じです。

ヘッドミント大須本店はサロンの中でもかなり緩い方で、業務的にも座って施術が出来るので、長くいる子はメンヘラ気質が多い気がしますね。

 

堀田が地獄を見たヘッドミントのメンヘラお局セラピストの言動

ここでは堀田が地獄だったお局セラピスト言動を紹介します。

ぶっちゃけヘッドミントが始動した最初の半年で、3回程このセラピストがいる為にサロンを閉店させようか悩んでいました

売上は2か月目以降ずっと黒字を出していたのにも関わらずです。

フルタイムで働いていており、このセラピストがいないとサロンが回らないという状況であったので、質が悪かったです。

 

モチベーションで接客の質が変わる

まず初めに最初から最後まで、自分の気持ちで接客の質が変わるのが辛かったですね。

単純にお客様の心象が悪くなって、失客に繋がってしまいますからね。

この辺りは露骨に指名数が他のセラピストと変わってくるので、数字が単純に悪いです。

エステとかだとまた話は違うかもしれませんが、リラクゼーションサロンの場合は、今まで接客経験が無い子でも一生懸命であれば、指名が0という事はありませんが、そのセラピストは指名が0とかも普通にありました。

また、セラピスト間でも嫌いなスタッフには挨拶が無いとか、今思い出してももっと早く辞めてもらえれば良かったと思いますね。

 

基本的な指示すら聞かない

アルバイトが当たり前にやらないといけない掃除だったりも何回注意しても治らない。言った直後は治りますが3日もすればやらなくなるという事が続き、言うのもだるくなって放置していました。

ただのバカという訳ではなく、普段は一応それなりの接客は出来るので、単純に舐めただけだったのかもしれません。

 

経営者に対し「経営者とはこうあるもの」と言ってくる

今は部下に経営権を譲ってオーナーが違いますが、どちら共に言われたのが

  • そんなんじゃ誰も付いて来ない
  • 長くいる従業員を大事にした方が良い
  • 従業員のモチベーションが下がる
  • ○○して欲しいなら分かりますが、○○しろって脅しですか?

というのを感情的になりながら、言ってきましたね。

結局、自分を守りたいが為にオーナーをコントロールしようとしてきます。

異業種から参入した男のオーナーだったら女性従業員に対して強くいけない人も多いので、結構これをやられる人は多いですね。

 

他のセラピストが辞める

これに関しては決断できないオーナーに責任はあります。

お局化する子は、社長やオーナーが優しいとなりやすいです。

社歴が長いと「長く働いてくれてありがとう」という気持ちが優先となってしまい、強く言えなかったりします。

セラピストも同じように「ありがとう」という気持ちがあれば、戦力になるベテランでセラピストになり、お互いを高め合っていける訳ですが、オーナーより私の方が立場が上と錯覚する子が多いです。

そうするとサロン内で幅を利かせる様になり、他のセラピストからクレームが出て、これを放置すると辞めていきます。

 

何を言われても辞めない

お局になるって事は、諸々許されている(本来は許されていない)と思っているので、セラピストにとっては居心地が良い状態です。

あーだこーだ言っていたとしても辞めません。遠回しに辞めろと言われているのにも関わらず辞めません。

以前、ほぼ辞めろぐらいの事を後任のオーナーが言った時は「私が辞めない理由は、それで辞めるのはむかつくから」と意味不明な事を言われた経験があります。

 

お局化した従業員はリストラしろ

今言えるのは、お局化した従業員はリストラすべきです。

キャリアアップ助成金等、会社都合で辞めさせると色々不都合が出てしまいますが、最悪それを放棄しても辞めさせましょう。

実際に地獄を見た私からすると、キャリアアップで60万ぐらいの金額を得るよりも、お局が悪化した時のリスクのほうがダメージが大きいです。

オーナーの心の平穏は、サロンの売上に直結してきます。

一度クビを切ってしまえば、次にお局が生まれてしまった時でも、助成金関連の縛りがなくなりすぐさまクビを切れる様になります。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP