クレアンスメアードのポイントシステムの料金や評判は?導入のメリットについても解説!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

クレアンスメアードのポイントシステムの特徴は??


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

現在では、多くの店舗がポイントシステムを導入しています。

ポイントシステムが導入されていれば、買い物でポイントを獲得し、特典と交換するなどのメリットがあるため、販促目的として採用されています。

この記事では、ポイントシステムのメリット・デメリットやクレアンスメアードの特徴について解説します。

ポイントシステムとは?

ポイントサービスとは、消費者の利用に応じて自社で利用できるポイントを付与するサービスのことです。

ポイントを付与することで、消費者に再来店を促し、自社の商品やサービスのファン化させるのが目的です。

ポイントシステムを導入することで、他社との競合対策にもなります。

 

ポイントシステムを導入するメリット・デメリット

ポイントシステムには、メリットとデメリットが存在します。

ここでは、このメリット・デメリットについて解説します。

 

ポイントシステムのメリット

まずはポイントシステムのメリットについて解説します。

 

リピーターの獲得

ポイントシステムを導入して、商品の購入に対してポイントを付与することで、そのポイントを消費するために顧客のリピート率が高まることが期待できます。

また、ポイントの期限切れなどについて通知するメールにより、来訪を促すこともできます。

他にも、会員ランク制度を導入することで、購入量が多い顧客に対してポイントの倍率を高めるなどの優遇を行うことで、ロイヤルカスタマー化につなげることも可能です。

 

他のショップとの差別化

ポイントシステムを導入することで、導入していないショップと差別化することが可能です。

商品やサービスが競合と同じ価格の場合は、ポイントが付与されるショップを選ぶ傾向があります。

ポイントシステムでお得感を出すことで、自社の魅力度を向上させることができるでしょう。

 

会員登録によるマーケティングキャンペーンの実施

ポイントを獲得するために会員登録を促すことで、マーケティングに必要な情報の収集や、取得したメールアドレスに販促キャンペーンの案内などが実施できます。

会員登録はハードルが高いとされていますが、ポイントが獲得できるというメリットがあれば、会員登録してもらえる可能性が高まります。

 

ポイントシステムのデメリット

次に、ポイントシステムのデメリットについて解説します。

 

収益性の悪化

ポイントは、将来の値引きに該当します。

そのため、無計画にポイントを付与すると、自社の収益性を悪化させるかもしれません。

ポイントは将来への負債になるため、赤字化するリスクもゼロではありません。

ただし、付与したポイントはすべて利用されるわけではなく、使われずに失効するポイントもあります。

そのため、ポイントの付与率を検討する際は、過去の実績などから失効率を考慮したうえで、赤字にならないように設定しましょう。

 

使い勝手の悪いポイントによる客離れ

ポイントの利用期限が短かったり、使用できる場面が限定的であるなど、ポイントの使い勝手が悪い場合は客離れにつながることがあります。

そのため、ポイントの使い道がないといった内容になっていないか、顧客目線で確認することが重要です。

 

会計処理の増加

顧客が商品の支払いにポイントを使用した場合は、会計上では「ポイント引当金」として処理する必要があり、会計処理で手間が発生します。

ポイント会計は複雑なので、税理士と相談しながら適切に会計処理を実施しましょう。

 

ポイントシステムを導入する際の注意点

ポイントシステムを導入する際には、いくつか注意点があります。

ここでは、この注意点について解説します。

 

自社ポイントか共通ポイントか

ポイントシステムには、共通ポイントシステムと、自社のみで利用できる独自のポイントシステムの2種類があります。

「Tポイント」「dポイント」といった共通ポイントシステムの場合は、すべての加盟店でポイントが利用できます。

共通ポイントシステムは、他の加盟店からの誘客が期待できたり、大手ポイント会社のブランド力が利用できる点、自社でシステム管理をする必要がない点がメリットです。

ただし、自社の自店の独自性を生かしたサービスを行うことが難しく、加盟費用や利用手数料などのコストが必要で、他の共通ポイントを使うユーザーを遠ざける可能性があるなどのデメリットがあります。

自社の独自ポイントの場合、サービスの自由度が高いのがメリットです。

ポイントの還元率や付与するタイミング、独自のキャンペーンなどを自由に決めることができます。

一方で、ユーザーにとって魅力的なポイント制度を構築する必要があります。

 

ポイントを付与するタイミング

ポイントシステムでは、ポイントを付与するタイミングも重要です。

ポイント付与のタイミングとしては、商品の注文成立時や、商品出荷時などのタイミングがあります。

商品注文時にポイントを付与する方法がユーザーにとっては魅力的ですが、代引きが成立しなかった場合や、キャンセルになったり返品されたりした場合に、ポイントを取り消す手間がかかります。

一方で、ユーザーが商品を受け取ってからポイント付与までに日数がかかる場合は、ポイントを獲得したという実感がないため、リピートにつながらない場合があります。

他にも、会員登録時や初回利用時、バースデーキャンペーンなどの特別ポイントを設定する方法もあります。

これらは購入意欲を促す効果が期待できますが、ポイント付与のタイミングが多すぎると、管理する手間がかかるため注意が必要です。

 

実店舗とECの融合をどうするか

ECサイトだけでなく、実店舗も運営している場合は、ECサイトとの共通ポイントサービスとして実施するケースがあります。

ただ、すでに実店舗でポイントシステムを導入している場合は、既存の会員のポイントとECサイトのポイントをどのように統合するかが課題です。

それぞれ独立したシステムで管理するのか、ポイントの共通管理を行えるシステムを導入するのかなどの方針を決定する必要があります。

 

クレアンスメアードとは?

クレアンスメアード」は、株式会社クレアンスメアードが提供しているポイントシステムです。

店舗、ECサイト、アプリ、WEBサービスなどにポイント管理システムを導入する際に必要な機能を網羅しています。

導入がスピーディーに行うことができるため、20以上の業種で採用されています。

 

クレアンスメアードの特徴について

多くの店舗で導入されているポイントシステムとして「クレアンスメアード」があります。

クレアンスメアードでは、ポイント管理、顧客管理、ポイント交換などのさまざまなオプションを組み合わせたポイント管理システムを構築できます。

また、SaaS型のクラウドサービスで利用できるため、導入側のコストを最小限に抑えることができます。

ここからは、このクレアンスメアードの特徴などについて解説します。

 

SaaS/ASPですぐに導入できる

クレアンスメアードはSaaS/ASPで提供しているため、自社で新たにシステムを開発する必要はなく、ネットワーク経由で各機能が利用できるため、すぐに導入することができます。

 

多くの業種で利用されている

クレアンスメアードのポイントシステムは、すでに多くの業種で導入されています。

実例を挙げると、アパレル・飲食・ホームセンター・家電量販店などの小売りチェーン店や、ビジネスホテルなどのホテル・リゾート業界、ショッピングモールなどの商業施設でも利用されています。

他にも、ゲームや音楽などのコンテンツ配信サービスや、旅行・観光などのメディアサービス、クレジットカードや保険などの金融部門でも導入実績があります。

 

顧客情報を分析できる

クレアンスメアードのポイントサービスでは、顧客の購買履歴やポイント利用状況などのデータを収集・分析することができます。

この分析結果により、顧客のニーズや行動パターンを把握し、より効果的なマーケティング戦略やプロモーション活動を展開することが可能です。

分析データを活用することで、個々の顧客に合わせたメッセージを送信したりなど、マーケティング効果を最大化することができます。

 

多くのシステムと連携可能

クレアンスメアードは、他の多くのシステムと連携することができます。

外部のWEBサイトやアプリなどのサービスとポイントデータを連携可能で、顧客情報の統合も可能です。

また、POSとも連携できるため、購買情報の連携もできます。

他にも、ポイントの交換先となる特典を交換できるサイトとも連携可能で、ポイントの幅広い利用が可能になります。

 

クレアンスメアードのメリット

ここでは、クレアンスメアードのメリットについて解説します。

 

導入がスピーディー

クレアンスメアードのメリットのひとつとして、導入がスピーディーな点があります。

導入に時間がかかるシステムでは、その期間の店舗運営が不安になることがありますが、すぐに導入できることで、このような不安を軽減することができます。

 

カスタマイズ性が高い

クレアンスメアードのポイントシステムは、カスタマイズ性や拡張性が高い点もメリットです。

そのため、さまざまな業種や規模の店舗に適したポイント制度を導入することができます。

また、店舗が拡大するにつれて、プログラムの内容や規模を柔軟に変更・拡大することもできます。

 

サポート・セキュリティ対策

クレアンスメアードでは、サポート体制が充実している点もメリットです。

導入時だけでなく、運用までのサポートを提供しているため、スムーズにポイントシステムを運用することができます。

新しいシステムを導入する際は、トラブルが起きることが多いため、サポート体制が充実しているかどうかは重要です。

また、高いセキュリティ要件をクリアしている点もメリットのひとつです。

ポイントシステムでは多数の会員情報を扱うため、システムのセキュリティ対策は重要であるため、安全に運用ができます。

 

まとめ

ここまで、ポイントシステムのメリット・デメリットと、クレアンスメアードのポイントシステムの特徴について解説しました。

ポイントシステムを導入することで、顧客はお得感を感じることができるため、自社へのリピート化が期待できます。

ただ、ポイントをどのように付与するかなどの検討は必要で、会計処理が複雑になるなどのデメリットもあります。

ポイントシステムを導入する際はクレアンスメアードがおすすめです。

クレアンスメアードは多くの業種で導入実績があり、すぐに導入できるという特徴があります。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP