サロンが満席で喜ぶオーナーは2流!セラピスト数を増やせ!コンビニ経営から学ぶ

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

サロン経営はコンビニから学べる?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

サロンが満席で喜ぶオーナーは2流!セラピスト数を増やせ!

サロン経営をやっていると「今日も満席♪」と意気揚々にしているオーナーやセラピストを見ませんか?

僕はそれを見て分かってないなぁ~と思う訳ですよ。何故なら「満席=それ以上売上が作れない状態」な訳です。

それって自ら売上を下げている愚行だと感じない人が多いのです。

単純な解決策としてセラピストの数を増やすだけです。週に3日満席の日があればセラピストを増やしても大丈夫です。

サロン運営をしている人は分かっていると思いますが、

予約が満席席が満席
予約が満席=セラピスト数が満席

な訳です。

業界未経験の方ですと、5席あるサロンが今日満席!となっていたら5席埋まってるとかウハウハやん!と思いがちですが、現実はセラピストが満席なだけなので、1人しか出勤していない場合もある訳です。

というかサロンの7割以上は常時1人ぐらいしか出勤していない零細です。

なので、物理的にこれ以上セラピストが増やせないなんてサロンはほぼ無いです。

有名店なら土日だったらフル稼働で全ての席数を埋められるサロンはあると思います。

 

サロンの売上を底上げする方法はコンビニ経営の考え方から学べ

サロン経営はコンビニ経営から学べば、それが正しい選択というのが分かります。

ここではロスの考え方について教えます。

 

商品が無いと売上が立たない

私は大学を卒業して、新卒でshop99(現ローソンストア100)に入社し、半年間程店舗運営を学びました。

そこで学んだのは商品はロスするぐらいが丁度良いという事です。

私が配属された店舗は日販60万円ぐらい売れる店舗でしたが、ロスは1日2万円ぐらい出ても良いという指示がありました。

そうしないと買いたい時に買えない期間損失(機械ロス)の方が利益が減ってしまうからです。

当たり前の話ですが、サロンの人件費となると、何故かこの当たり前が非常識になってしまうのです。

 

いつでもあるという安心感がリピート対策になる

コンビニで欲しい商品がいつも欠品していたら、他の店舗に行ってしまう事はないでしょうか?

品揃えが悪いと客離れが起きてしまうのは常識です。

これもサロンに置き換える事が出来ます。

いつも予約満席のサロンよりも、いつでも行けるサロンの方が満足度が高いというデータがあります。

これが何かを改善するサロンであれば良いかもしれませんが、ドライヘッドスパといういわばマッサージとなると、今行きたい!という層が多いはずです。

サロンのリピートの動機としては3位に「予約が取りやすい」というデータもあります。

サロンの継続理由1位は「ネット予約」、2位が「料金がリーズナブル」! 3位には「予約が取りやすい」がランクインし、料金よりも予約の利便性を重視するお客さまが多いことが分かります。
引用:【2023年美容センサス解説】「ネット予約」がリピートのカギに!サロン継続の理由1位は、「ネット予約できる」。初回のサロン選びは「ネットの口コミ」を最重視!

 

セラピストを増やさないサロンオーナーの言い分

セラピストの数を増やせ!というと、ほとんどのサロンオーナーは出来ません。

理由は単純で人件費で赤字になる事を恐れて行動できないのです。

サロンビジネスは基本的には1対1のビジネスです。

その為、人を増やして売上が上がったとしても、突然お客が来なくなる日とか普通にあります。

その時に大きく赤字が出てしまうのを恐れているのです。

売上が上がるシフトよりも、赤字が出ないシフトに思考が傾いているのですね。

気持ちは滅茶苦茶分かりますが、考え方が間違っているので今後一生そのサロンの成長の機会は失われてしまいます。

 

セラピストを増やして一人分赤字でも利益は変わらない

これはやってみないと理解できませんが、満席が続いた状態でセラピストを一人増やして暇していても実は利益はあまり変わりません。

 

固定費が分散される

その理由は固定費が分散されるからです。

例えば、10万円の固定費があったとして、セラピストが常時2人しかいない場合ですと、1ラピスト辺りの固定費は5万円と5万円となります。

これが、3人いたら1セラピスト辺り3万3000円となります。

この様に固定費が分散され利益が出やすい構成になります。

 

暇していてもSNS等に作業を割り当てられる

お客様が来ないサロンは圧倒的に認知が足りてないのが一般的です。

セラピストが暇をしていたら、SNS投稿等をやらせる事が出来れば、広告費分を賄えます。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP