サロン経営は開業初期はまずはトントンを目指すべき!まずは存続できる状態を作る

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

サロン経営は開業初期はまずはトントンを目指すべき?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

サロン経営は開業初期はまずはトントンを目指すべき!

私が運営しているドライヘッドスパ専門店ヘッドミントは、いくつか戦略がありますが、その中で見えやすい施策としては「地域最安値」というものがあります。

ドライヘッドスパ専門店は、まだまだ高単価の部類に入るので地域最安値と言っても、利益がギリギリの薄利多売まではいっていません。

一般的なドライヘッドスパ専門店>ヘッドミント>りらくる>格安マッサージ屋

ぐらいのレベルです。

しかし、これを言うと「でもその金額じゃ採算合わなくない?」と言われます。

結論から書くと、採算が合わないという事はないのですが、利益が大きくでる事はありません。

では、何故弊社ではエリア最安値にするのか?それはまずは収支をトントンに、サロンを存続させる土壌と作る為です。

 

サロン店舗が閉店する理由は決まっている

ここではサロンが撤退する理由をお伝えします。

まずは、トントンにすべき理由が分かるはずです。

 

集客が出来ず売上が立たない

サロンが閉店する理由の一番よくあるパターンとして、集客が出来ず売上が立たないという事があります。

お客様が来ないという事は、皆さんが思っている以上に精神的にダメージを負います。

店舗というのは、家賃や人件費等の絶対にかかる費用がありますので、お客様が来ないとそれが垂れ流しになってしまいます。

それなりに儲かっている社長でも、毎月30万円がコンスタントに出ていくと考えたら結構厳しいですよね?

オープン直後は特にそれが多く、早めに出血を止めたいところです。

しかし、高級路線でいってしまうと、軌道に乗るまでに時間がかかってしまいます。

その軌道に乗るのを待っている間に心が折れてしまったら、サロンは一気に閉店の方向に向かいます。

弊社のフランチャイズ加盟店でも同じような事が起こりました。高単価でやってなかなか軌道に乗せる事が出来ず、閉店してしまいました。

金額が安ければやすい程、利益は上がりませんがお客様が来ているという実感が持てる為「このビジネス良いかも!」と思う事が出来、出血を早めに止める事が出来る上に、希望も持つ事が出来ます。

 

コアスタッフの退職

売上を作れるスタッフが辞めてしまう事もサロンが閉店する理由の一つです。

これも単価が高ければ高いほど、優秀なスタッフを用意する必要があり、採用の基準値が上がってしまいます。

その為、採用をするのに時間がかかったり、常に人手不足になったりします。

採用が出来たとしても、高単価な分研修もしっかりとしなければなりませんね。

そのタイミングで同時に2人とか辞めてしまったら、かなりキツいですが、サロンでは誰か辞めたタイミングで、別のスタッフも辞めるというのはあるあるです。

私の統計上、高単価サロンの1日の出勤人数は2人ぐらいが平均ですので、そんな事が起こってしまったらサロンを開ける事が出来ず、閉店となってしまう確率が高いです。

とりあえず価格を下げると、客数は多く利益は少ない為、スタッフの数を多く抱える事が出来、離職による閉店を免れやすいです。

 

立地が悪い

こればかりは1度決めてしまうとどうにもなりませんが、立地を外してしまうと閉店する確率が非常に上がります。

これも素人目線から見る良い立地と私から見る良い立地が、大きく相違している事が多々あります。

サロンを開業した事がない人が真っ先にサロン経営をする箇所が立地選定です。

一番ミスってはいけないはずのところが、一番初めに決めなければいけないので、かなり難易度が高いです。

集客やマネジメントは、最初をミスっても経験でドンドン向上していきますが、立地は動かせません。

どんだけ集客を頑張っても、どうにもならないのが立地です。

 

トントンにした後に単価を上げる方が集客が安定する

文中でも書きましたが、トントンにしたらとりあえずはサロンが存続できる状態を作れます。

ではどうやって利益を出していくのか?

主に

  • オプションで単価アップ
  • 施術メニューの単価アップ

で利益を出していきます。

 

オプションで単価アップ

私が一番おすすめするのがオプションで単価アップです。

来店型の店舗では「3回安定10回固定の法則」の法則という言葉があります。

これは3回来店したら安定してリピートをしてくれるという法則です。

私の経験上、3回以上来て来てくれたらオプションを追加してくれる確率があります。

以前、白鳥エステというサロンがありました。

株式会社アキュートリリーは、かつて「HSbodydesign」(通称・白鳥エステ)の名前でエステティックサロンを経営していた企業。
引用:ウィキペディア

残念ながら倒産してしまったサロンですが、一部店舗ではかなり利益が出ていました。

そこの方針が最初は薄利多売でやり、様々なオプションを付けて客単価1万以上にしていました。

 

施術メニューの単価アップ

これはそもそものメインメニューの単価を上げる手法です。

リピートが増えてサロンのキャパがが限界になってきたら、単価を上げていくというスタイルです。

メインメニューの値上げは客離れに繋がりますが、成功したらわかりやすく売上が上がります。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP