サロンの廃業率はどれくらい?サロンが生き残るためのポイントも解説!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

サロンの廃業率はどれくらい?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

毎年、全国各地ではさまざまなサロンが開業されています。その一方で、廃業するサロンも存在します。

この記事では、サロンの廃業率についてや、サロンの廃業率が高い理由、サロンで生き残るためのポイントなどについて解説します。

サロンの廃業率はどのぐらい?

現在、美容院やサロンの廃業率は、1年以内のケースが60%、3年以内が90%、10年以内では95%と言われています。

このように、サロンの廃業率はかなり高いと言えるでしょう。

サロン業界の廃業率はかなり高いため、生き残っていくためには、かなりの苦労が必要です。

特に個人経営の店舗の場合は、フランチャイズやチェーン店と比べてさらに厳しい状況にあると言えます。

そのため、個人経営のサロンがビジネスを継続するためには、綿密なビジネス戦略が必要です。

 

美容サロンの廃業率が高い要因

美容サロンの廃業率が高いのは、何が原因となっているのでしょうか。

以下にその要因について詳述します。

 

規模が小さい店舗が主流

現在、美容サロンの新規開業が増えていますが、その多くが小規模な店舗です。

特に、住宅地で開業しているサロンは、利用可能な土地が限られているため、店舗規模は小さくなりがちです。

小規模な店舗は、光熱費や人件費を抑えられますが、一方で一日に対応可能な顧客数は限られます。

また、良い立地にある場合、家賃が高くなる傾向もあります。

顧客が定期的に訪れている間は経営は安定しますが、顧客数が減少すると経営は厳しくなります。

 

顧客獲得の競争が激化

近年のデータによれば、過去5年間で毎年約3,000店舗の新規サロンが開業しています。

その結果、近隣に競合するサロンが増え、避けられない状況となっています。

これにより、サロン間での顧客獲得競争が激化し、クーポンなどの顧客獲得策を乱発することで経営が苦しくなるケースが増えています。

 

小規模店舗は資金面で不利

美容サロンを開業する際、個人経営などの小規模な店舗からスタートすることが多いです。

しかし、小規模な店舗は、フランチャイズやチェーン店などの大規模で資金力のある店舗と競争することが多く、その結果、不利な状況に立たされることがあります。

資金力が乏しいため、大規模な広告を出すことができない、顧客獲得のためのクーポンを提供できないなど、資金面での制約から経営が困難になるケースが多いです。

 

トレンドに追いつけない

美容サロンを長期間運営していると、スタッフが最新のトレンドに追いつけなくなることがあります。

美容業界ではトレンドは絶えず変化しており、それを追い続けることは困難です。

さらに、トレンドに合わせて機器やスタッフを更新することも難しいでしょう。

しかし、トレンドに合わせられないと、顧客は徐々に離れていきます。

顧客層が高齢者であれば問題は少ないですが、若年層が多い店舗では、トレンドに即応しなければならないという課題があります。

 

経営がうまくいかないサロンの特徴

美容業界は競争が激しく、多くの店舗が早期に閉店してしまいます。

以下では、経営がうまくいかないサロンの特徴を説明します。

サロンの経営で成功するための参考情報としてご覧ください。

 

資本と投資のバランスが不適切

サロンの経営がうまくいかない理由の一つとして、資本と投資のバランスが不適切な場合があります。

資金が不足しているにもかかわらず、設備や内装に大量の費用を投じ、開業後の広告費や集客に必要な費用が不足していることがあります。

また、利用可能な資金を把握せずに無謀な計画を立てると、開業後に資金調達に困難を伴うことがあります。

 

顧客獲得が容易だと考えている

サロンでは、他の店舗でスタッフとして働いていた後に独立するケースがあります。

スタッフ時代に指名客が多かった場合、独立後もすぐに顧客がつくと考え、顧客獲得が容易だと過信してしまうことがあります。

以前の指名客が開業後も来店すると過信し、集客活動を怠ってしまうことがあります。

このような場合、実際に開業すると以前の指名客だけでなく、新規の顧客も来店しないため、経営が難航することがあります。

 

サロンで生き残るためのポイント

これまで、サロンで経営に失敗する特徴について説明しました。

次に、サロンで生き残るためのポイントについて説明します。

 

経営者としての視野を持つ

個人事業主のサロンであっても、経営者としての視野を持つことが重要です。

特に、サロンで多くの指名客を持つスタッフとして働いてから独立開業する場合、開業後も同じようにやっていけると思い込むことがあります。

たとえ指名客が多かったという経験があったとしても、それだけでは店舗が成功するわけではありません。

サロンで成功するためには、経営に関する多様な知識が必要です。そのため、開業前にそれらの知識を習得しておくことが重要です。

また、開業前には準備のための大量の資金が必要ですが、開業後も広告費や消耗品費、家賃などの運営コストが発生します。

経営の知識がない場合、必要な資金を見誤って使い果たし、早期に困難に直面する可能性があります。

そのため、事業計画やキャッシュフロー管理などの経営に関する知識が必要です。

 

技術力・顧客対応力・経営力が必要

サロンで生き残るためには、経営の知識が必要ですが、もちろん技術力や顧客対応力も必要です。

将来を見据えた経営戦略の策定や計画の実行を続ける経営力、顧客とのコミュニケーションを取るための顧客対応力などを組み合わせた総合力を身につけることが、サロンで生き残るための要素となります。

 

サロンのコンセプトの重要性

サロンが競争を生き抜くためには、適切な経営戦略が必要です。その経営戦略を形成する上で重要なのがサロンのコンセプトです。

このコンセプトを明確に設定することが経営成功の鍵となります。

以下では、サロンのコンセプトが重要な理由について説明します。

 

サロンのコンセプトを設定することの重要性

サロンの経営戦略において、コンセプトを設定することは重要です。

その理由としては、以下の点が挙げられます。

・サロン運営の指針が確立する
サロンのコンセプトを設定することで、サロンの運営の指針が確立します。

コンセプトを設定するということは、店舗をどのように運営するかという目指すべき方向を定めることで、このコンセプトがないと運営がブレてしまい、一貫性のない運営となってしまいます。

最初にコンセプトを設定しておくことで、店舗の内装から広告の出し方まで、一貫した方向性が確立します。

・ターゲット層の特定とリピーターの獲得
さらに、サロンのコンセプトを明確にすることで、ターゲットとなる顧客層を特定することができます。

その結果、どのような広告を行うかなどの集客戦略を決定することが可能になり、効率的に集客結果を得ることができます。

ターゲットを特定して広告を行うことで、効率的な集客が可能になり、結果としてリピーターの獲得につながります。

 

新規顧客だけでなくリピーターの獲得も重要

サロンを安定して運営していくためには、新規顧客だけでなく、リピーターの獲得も重要です。

そのためには、長期間にわたり顧客から支持される店舗であることが必要であり、そのためには顧客満足度を高めることが必要です。

顧客満足度を高める方法はさまざまですが、例えば予約システムを導入することで、予約がスムーズに行えるようにするという方法があります。

顧客にとって利便性の高い店舗にすることで、結果としてリピーターの獲得につながるでしょう。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP