サロン経営は儲からない?サロンの純利益は20%程だが鬼儲けは難しい理由

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

サロン経営は儲からない?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

サロン経営者は儲かっている様に見えているだけのパターンが多い

美容系や健康系の経営者でこの人羽振りいいな!とか儲かってそうだな!と思う事はないでしょうか?

私はめちゃくちゃ思いますし、なんだったら自分がその様に思われている一人です。

私は24歳の時に独立をし、

  • WEB集客で上場企業とも戦えるOA機器事業
  • 現在25店舗のリラクゼーションサロン事業

を行っている代表の堀田一人しかいない会社をやっています。

こう聞くと滅茶苦茶凄そうにみえないでしょうか?事実、会う人会う人全てで「やり手ですね」と言われます。

ただ、実際は年間で500万の純利益しかなく、正直に儲かっている訳ではないので勘違いしないでください。と正直に言っています

私は無借金でやっていますが、この様に事実と乖離して実は儲かっている様に見えて儲かっていないパターンは数多くあります。

 

実は儲かってないサロン経営者の特徴

基本的に自分の事を凄いと刷り込んでくる奴は、高確率で金が無くヤバい奴です。

こういう人間は下記の様な特徴を持っています。

  • 金遣いが荒い
  • 自分より下の身分の者に対して高圧的
  • 自分の考えた事が現実と思い込む
  • テイカー気質(貰うだけ貰って自分は与えない)

この様なタイプが最初は意外にもビジネスで上手くいくケースは結構あります。

しかし、大抵は数年持ちません。

最初は自信満々で勢い良くスタート出来る可能性があるものの、所詮は張りぼてに過ぎず、後々に経営者としての資質が無いと思われて周りが離れていきます。

 

数字を盛る実は儲かっていない経営者の事例

全然儲かっていないのに、わざと儲かっている様に見せるパターンがめちゃくちゃあります。

ここでは、私の知っている情報を赤裸々にご紹介したいと思います。

 

ジムをM&A後、半年後で25店舗→15店舗にしたA氏

某ジャンルのジムのFC展開をしていたA氏。

YouTubeやインスタグラム等で辛口で他者を批判しており、自分のジムはFC含めて滅茶苦茶儲かっている様に見せておりました。

私も批判されていましたが、当時は成功者なのでぐうの音も出ないという感じでしたね。

しかし、M&A後の僅か半年の間に25店舗あった店舗が15店舗まで、大量閉店しておりました。

譲渡した直後は「これからこの会社をさらに伸ばしていける企業に売った」と言っていましたが、SNSで「ライザップの決算みたら衰退していくので、良い時期に売れた」みたいな事を言っており、信頼もくそもないなと思いましたね。

本人はM&Aで得た譲渡益で貯金はあるかもしれませんが、これは儲かる!と言っていたビジネスがことごとく失敗していたので、何が本当で何が正しくないのか不明ですね。

 

メンズ脱毛サロンを会社設立1年で1200万の赤字にした女性経営者B氏

このB氏とは、共通の知り合いが多くいるので裏情報がバンバン入ってきています。

最初は、立ち上げメンバーとして月に150万を売るエースのエステティシャンがいた為、MAXの業績が月商300万程あったと聞きます。

しかも、そのエースの給料は月給17万円の社保無しという条件でしたので、オープンしてから1年ぐらいは羽振りが良かったです。

その時に調子に乗ってさらに3店舗作りましたが赤字で、エースの売上で赤字を補填していた状態です。

しかし、エースがその条件なのでやめると業績がガタ落ちし、会社設立し1期目の決算(オープン2年目)では1200万円の赤字となり、店舗も実質1店舗にまで減らしております。

ここまでは単なる失敗で済む話ですが、こんな状態になってもインスタやYouTubeで自分が成功者でコンサルタントもしているという発信をしています。

具体的には下記です。

発言内容事実
エルメスが欲しい!タワマンに住みたい!と思い行動したら叶った!エルメスを買ったが、タワマンには一切住んでいない
コンサルタントをしている!スクールをしている!コンサル先の売上は月商17万。スクールは一件も応募がない
月商300万!昔はそのぐらいあったが、今は100万もない
インスタの高級ブランドの写真元彼氏の物を勝手に載せているだけ

事情を知っている人間からするとパラレルワールドにいるのかと思う様な内容を発信しているのです。

 

発毛サロンのFC加盟店を集めるだけ集めてトンズラしたC社

世の中には悪徳なFC本部というのが8割方を占めております。

その中で、発毛サロンのFC加盟店を募っていたC社はかなり酷かったです。

発毛サロンが爆発的に儲かる!と謳って、一時的出店店舗数がかなり増えておりましたが、実際は全く売上が無かったと聞いてします。

弊社と同じエリアにあったFC店は恐らく1件の契約もなく半年で撤退をしておりました。

程なく本部がトンズラして、今は全く別のサロンのFCを募集しております。

しかも、そこもホットペッパーの掲載が終わっており、売上がないだろうと予測できるレベルなのにFC募集をしているので、どうしよもないと思いますね。

 

利益が出ているサロン経営者の特徴

ここでは逆に本当に凄い儲かっているサロン経営者の特徴を教えたいと思います。

 

そのエリアで一番知名度のあるサロンの経営者

儲かっているサロンの特徴として、そのエリアでは知名度が一番あるという事が挙げられます。

相手発信の嘘か本当か分からない情報ではなく、自分から先に知っていたらそれは本物です。

店舗ビジネスで一番難しいのは認知を広げる事で、エリアNo1の認知があれば少なくとも、赤字で苦しいという事はないと思います。

また、一番知名度のあるエリアNo1サロンだと「○○のサロンオーナーの△△さん」という事で、多岐にわたる仕事が舞い込んで来てるはずです。

 

店舗数が30店舗以上のサロン経営者

フランチャイズという戦法を使えば、店舗数はいくらでも増やす事が出来ます。

しかし、悪徳な手法で集めたフランチャイズ加盟店は、短期間で閉店してしまうので、20店舗台がMAXだと思います。

その為、30店舗以上のサロン経営者は本当に選ばれているサロンで、儲かっている確率が高いです。

また、20店舗台以下でも本部の運営歴が5年以上あれば利益がちゃんと出ている可能性が高いです。

 

サロンの純利益は売上の20%?

世の中には「利益率」という言葉があります。

売上から諸々の費用を引いて残った金額の事を言います。

一般的に

・売上総利益率
・営業利益率
・経常利益率
・税引き前当期純利益率
・当期純利益率

の5つ利益が有りますが、当期純利益の事を「利益率」と呼ぶ事が多いです。

ではサロンの利益率はどのくらいが平均かというと20%程です。

ちなみに、これは儲かっていると言われるサロンの数字で、個人オーナー等は考慮していません。

皆さんがあのサロンめちゃめちゃ客入っているなぁ~と思っているサロンでも利益率はそんなもんなんです。

飲食店等の仕入れが発生する店舗商売は10%の利益率があれば優良とされているので、サロンの20%というのはかなり利益率が良い商売なのです。

 

サロンは大儲けが出来ない

先ほど書いた通り、利益率だけで見るならサロン商売は優秀です。

ただ、大儲けが出来るかどうかは別問題です。

サロンの利益は「席数×単価×従業員数」によって変わってきますが、この従業員数というのが、かなりネックになります。

飲食店の場合だと一人の従業員に対して複数人のお客さんを相手にしますので、とことんまで効率を突き詰めて働ければ1対20でもお店は回るかもしれません。

しかし、サロンの場合基本的に1対1となりますので、従業員一人があげられる利益が限られてしまうのです。

恐らく一人当たり100万円を売り上げるセラピストは、余程高単価のサロン以外ではいないでしょう。

なのでサロンは利益率が高いが、売り上げが低いという状態が普通なので、大儲けは出来ないのです。

従業員数を増やせばそれだけ売上も上がりますが、固定給で雇うと予期せぬ事が起きた時に人件費で赤字になってしまう可能性もあります。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP