サロンで必要なPDCAサイクルとは?利益ではなくユーザー目線でサービスを構築すべし

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

PDCAサイクルって何?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

サロンは利益を先に考えると失敗するビジネス?

結論からから書きます。利益が先行していると失敗します。

ビジネスを儲かるからやる!的な思考から入る人は多いと思いますが、その考え方でやって成功する人の方が少ないです。

まず「○○○が儲かるらしいよ?」と聞こえてきた時点で、ほとんどはもう遅いです。

何故なら、市場が無い中で成功させた先人を見て儲かると言っている訳です

市場を作るというのは莫大なお金と長期の時間が必要となります。

その市場を作った競合に儲かるからという安易な理由で参入して、どうして勝てるのでしょうか?

特にそれが顕著なのがサロンビジネスです。市場を作れるぐらいパワフルなサロンでも、そこまで儲かるビジネスではないので、後発で参入してもそれほど旨味はありません。

そもそもサロンは基本1対1で商売をする為、大儲け出来るビジネスではなく、長く安定的にを求めるビジネスです。

 

サロンの成長にはPDCAが必要

ここではサロンに必要なPDCAをご紹介します。

そもそもPDCAは、Plan-Do-Check-Act(計画・実行・確認・改善)の頭文字を取ったもので、問題解決やプロセス改善を行うためのサイクルを指します。

どの時点でもPDCA理論は当てはまりますので、サロン経営者はこれを常に考えておきたいですね。

PDCAサイクルは、品質管理やプロジェクト管理など様々な分野で利用される手法で、以下の4つのステップから成り立っています。

Plan(計画): 問題や目標を設定し、改善の方針や方法を計画します。
Do(実行): 計画に基づいて実際にアクションを起こし、改善を実行します。
Check(確認): 実行結果を評価し、目標とのズレや問題点を確認します。
Act(改善): 問題点や改善点を分析し、修正や改善策を導き出して次のサイクルに向けて計画を調整します。

 

Plan(計画)

サロンビジネスの計画とは、

  • このサービスなら需要がありそう
  • 競合がこのエリアには少ない
  • このサービスを導入したら、こういったシナジーが生まれる

等の構想段階にあたります。

個人的には、計画は深すぎるところまで考えない方が上手くいきます。

あくまでも”ざっくり”ぐらいが丁度良いです。

特にサロンは比較的低予算で出来るので、失敗したら次!ぐらいの感じで考えましょう。

理由としては深く考えれば考える程、次の段階の実行が遠くなり、結局やらないという事になってしまうからです。

また、PDCAで大切なのはここではないので「とりあえずやってみる」ぐらいがビジネスで成功しやすいのです。

ある程度構想でいけそうな感じがあれば問題ありません。

 

Do(実行)

ある程度ざっくりした構想を立てたら、それを実行します。

実は、この実行が一番大切です。先ほども書きましたが「とりあえずやってみる」という姿勢は、言葉に出すほど出来ない人が多いです。

何故なら、他の3つの工程は「考える」という行為に対し、実行は「動く」という行動になります。

  • 面倒くさい
  • どうしたらいいか分からない

というのが邪魔をしてしまいます。

頭が良くなさそうでも成功している人は、ここのフットワークが非常に軽いです。

 

Check(確認)

実際に行動した結果を確認します。

成果が出たのか出なかったのかは、誰しもが確認したがると思います。

ここで重要なのが、どのタイミングで確認するか?という事です。

検証して数日なのか、数週間なのか、数か月なのか、数年なのか、ここの判断が難しいです。

本来はもっと時間をかければいけたのに、早期に撤退してしまって水の泡という事はビジネスの世界では良くある事です。

事例によって様々ですが、私がサロンで何かを確認する場合は以下の期間で判断しています。

市場が成熟するか1年
サロンが軌道に乗ったか6か月
メニューを追加して成果が出たか3か月
広告に効果はあったか3か月
新規集客対策3か月
リピート対策1か月

 

Act(改善)

計画、実行、確認をしたら、それをより良くする為に改善が必要になってきます。

ただ、この改善が陳腐なサロンオーナーは多いです。

そもそも改善というのは何と比較してか?というの分かってないです。

その時に必要となってくるワードがABテストです。

ABテストは、Aという結果とBという結果を比較し、どちらの方が効果があったのかを検証する方法です。

つまり改善とは「計画、実行、確認」を繰り返す事の総称なのです。

「PDCAを回す」という言葉を使っている方が多いですが、ニュアンス的には「PDCAを比較する」が正しい気がします。

 

サロンを利益目線で経営すると失敗する理由

ここではサロンを利益目線で経営すると失敗す理由を教えたいと思います。

 

軌道に乗るのがそもそも遅い業種

過去色々媒体で幾度も発信していますが、サロンビジネスは軌道に乗るのが遅い業態です。

短絡的な利益目線で考えたら、サロンは時間がかかってしまう為、魅力的ではないビジネスになってしまいます。

 

PDCAをやる事が多すぎる

サロンというのは、ホスピタリティで利益を上げる業種といっても良いほど、サロンの空間作りやスタッフの接客まで全てがサービスとなります。

その為、一つ一つの検証に時間がかかり、正解にたどり着くまでも長くなってしまいます。

これは軌道に乗ったからと言ってサボって良いものではありません。

サロンは参入障壁が極端に低いビジネスの為、儲かると分かったら競合が怒涛の如く増えていきます。

 

利益は後からついてくる

利益は後からついてくるという言葉をご存知でしょうか?

偉大な経営者を良くこの言葉を使っていますが、サロンにとってはどの様なメリット・デメリットがあるかお伝えしたいと思います。

 

「利益は後からついてくる」という思考のメリット

ここではメリットをご紹介します。

 

お客様から選ばれる

利益ではなくサービスの質を上げれば、自ずとお客様から選ばれるサービスとなります。

お客様に選ばれるサービスというのは、際限なく長期的な支持が生まれ、固く安定的なビジネスになります。

基本的な考え方としては”自分だったら”を元に考えると良いです。

例えば、高い回数券やコースを進められると、良いと思う人より悪いと思う人の方が圧倒的多いはずです。

では「高いコースを作らなくても売上を上げる方法はないか?」と考えた時に、もうPDCAのP(プラン)になっているのです。

個人的な体感ですが、現在あるサロンの当たり前の常識は、サロン都合のものが多く、改善の余地しかないと思っています。

 

従業員の離職率が減る

サロンで働く子の多くが、お客様に癒しであったり美しさを与えたい!という動機です。

しかし、利益目線の施策は、お客様に喜んでほしいと願っている従業員と真逆になってしまう可能性があります。

そうすると離職に繋がっていきます。

サロンの方針にストレスがあると、お客様にそれが伝わってしまいます。

 

スケールがしやすい

上手くいったビジネスは、スケール拡大して、より大きな富と名誉を得たいと経営者は思うはずです。

しかし、一店舗のサロンを作るのにイニシャルコストで500万必要であったり、軌道に乗るまでのキャシューフローを確保したりと、大企業でもない限り、数店舗作るのが関の山です。

その為、フランチャイズという仕組を使ってスケールさせる企業も多いです。

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントもフランチャイズ募集をして、スケールしていってます。

フランチャイズに加盟する方は、自分の身を入れなく副業的にやりたいという人が多い為、安定したビジネスを好みます。

中にはよく考えずに利益だけを追う方も多いので、フランチャイズ詐欺という言葉もあったりしますね。

その為、お客様目線で作られて成功したビジネスは負けにくい為、フランチャイズでスケールしやすいというメリットがあります。

 

「利益は後からついてくる」という思考のデメリット

ここではデメリットをご紹介します。

 

利益になるまで時間がかかる

文中にも記載していますが、利益になるまで時間がかかります。

極端な話、後の事を考えなければサロンでも、爆発的な利益を早い段階から生み出す事は可能です。

後々を考えると圧倒的にデメリットなので、私はやりませんが。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP