ネイルサロンが初めての人向けの基本知識を解説!注意点や種類も紹介!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

ネイルサロンが初めての人向けの基本知識を教えて!


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

ネイルサロンに興味があるという人は多いかもしれませんが、まだ実際に行ったことがない人もいるでしょう。

その場合、初めてネイルサロンに行くときにはどうすればいいか分からないと不安に思っているかもしれません。

この記事では、ネイルサロンが初めての人に向けて、ネイルサロンでできることやネイルに種類、施術内容、注意点などについて解説します。

ネイルサロンに興味はあるが行ったことはないという人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ネイルサロンでできることとは?

ネイルサロンは、ネイリストがネイルの施術をしてくれるサロンです。

ネイルとは、爪に色を塗ったりデザインを施すことで、おしゃれを演出する方法のひとつです。

指先は日常生活においてもよく目につく場所であるため、ネイルをした指先を見ることで、モチベーションが高まるといった効果も期待できます。

また、周囲の人に向けても、ネイルをしていることで手元にまで気を使っている人というイメージを与えることができ、好感を持たれることもあります。

さらに、ネイルをすることで自分の爪や手が好きになるという場合もあり、爪にコンプレックスがある人にもネイルはおすすめです。

ネイルサロンでは、爪にカラーを塗るだけでなく、デザインやアートなどの装飾も可能で、さらに爪のケアもしてくれます。

たとえば、爪の長さや形を整えたり、爪にある甘皮の処理をすることなども可能です。

また、爪が割れてしまった場合でも、擬似的な爪を作って補強することも可能で、爪の形をネイルサロンで補習することもできます。

さらには、指先だけでなく足の爪にもカラーをぬることができるなど、フットネイルの施術もしてくれます。

 

ネイルの種類

ネイルにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

ネイルの種類は用途により使い分けることも可能です。

ここでは、ネイルの種類について紹介します。

 

マニキュア

爪にカラーを塗ると聞いて多くの人が思い浮かべるのが「マニキュア」でしょう。

ネイルに特に知識がない人でも、マニキュアという言葉は知っているのではないでしょうか。

マニキュアはポリッシュとも呼ばれていて、100円ショップやドラッグストアでも購入できるなど、手軽に試すことができます。

マニキュアでカラーを塗る方法も簡単で、特に難しい技術は必要なく、カラーを落とす場合も市販の除光液を使うことが簡単に落とすことができます。

マニキュアは自分でセルフで行うことができるという特徴がありますが、乾くまでに時間がかかることがデメリットとなっています。

 

ジェルネイル

出典:https://www.wbw-nail.com/content/202107-1/

「ジェルネイル」は、ネイルサロンで施術する一般的なネイルです。

ジェルネイルは、合成樹脂でできているジェルを爪に乗せ、専用のLEDライトを当てることでジェルを硬化させ、爪に密着させる施術方法です。

LEDライトでジェルを硬化させることで強度があるため、2〜3週間程度はジェルを維持できるなど、状態が長く続くという特徴があります。

また、LEDライトを当てないと硬化しないため、時間をかけてデザインを施すことができるという特徴もあります。

 

スカルプチュア

出典:https://www.nailsalon-jewel.com/menuprice/sculpture/

「スカルプチュア」とは、アクリル樹脂を爪に添付するネイルです。

スカルプチュアは基本的にはジェルネイルと似た部分がありますが、強度と長さ出しができる点に違いがあります。

このスカルプチュアは、もともとは爪が割れたり欠けてしまった人のために作られた技術で、強度が高くなっています。

爪が割れてしまった場合は、アクリル樹脂で擬似的なな爪を作って補強し、さらに爪の長さを変更することもできます。

そのため、長い爪を使ったデザインや3Dアートといった、スカルプチュアならではのデザインを施すことができるのが特徴です。

 

ネイルチップ

出典:https://www.locondo.jp/shop/commodity/SJRK1525D/SH3481DW03442/

「ネイルチップ」とは、エクステンションとも呼ばれている「付け爪」のことです。

ネイルチップは、爪の形をした透明なチップとなっていて、そこにマニキュアやスカルプチュアなどでデザインしています。

ネイルチップを専用の接着剤で爪につけることで、簡単に爪先のデザインを楽しむことができます。

ジェルネイルなどは仕事上の問題でつけることができない場合もあり、オフをするのも手間がかかります。ネイルチップであれば脱着が簡単であるため、休日だけネイルをするといった使い方もできます。

また、最近では「ネイルシール」という爪に貼るだけで使える商品も販売されていて、ネイルを手軽に楽しむことができます。

ただし、ネイルチップは基本的に使い捨てなので、同じネイルチップを着け続けることはやめましょう。

 

ネイルサロンの施術内容

ここからは、ネイルサロンでの施術内容について紹介します。

 

ネイルサロンの主なメニュー

ネイルサロンで施術してもらうことができる主なメニューとしては、
・マニキュア
・ジェルネイル
・スカルプチュア
の3種類があります。

それぞれ特徴を紹介します。

 

マニキュア

マニキュア(ポリッシュ)は気軽にカラーを塗ることができ、オフをする場合にも時間がかからないのが特徴です。

マニキュアは自分ですることもできるため、ネイルサロンに行く必要はないのでは?と考える人がいるかもしれませんが、ネイルサロンでマニキュアを塗ってもらうと、仕上がりがセルフで塗った場合とは比較にならないほど美しくなります。

マニキュアは乾燥するまでに時間がかかり剥がれやすいというデメリットがありますが、少しの期間ネイルをしたいという場合に適しています。

 

ジェルネイル

ジェルネイルは、合成樹脂でできたジェルを塗ってLEDライトを当てることで硬化させる施術です。

ジェルネイルは発色がよくツヤがあるのが特徴で、2〜3週間程度持続します。

また、デザインにもさまざま種類があることから、多くのネイルサロンではジェルネイルのメニューが多くなっています。

ただし、ジェルネイルをオフする場合はアセトンという専用の溶剤が必要で、さらに時間がかかります。

ジェルネイルには、爪の表面を削らずに施術できるパラジェルという種類もあります。

ジェルネイルは通常、爪の表面を削ってから施術しますが、パラジェルはその必要がありません。

爪を削らないため、爪を傷めずにネイルができると注目されています。

もし自爪が薄い場合は、パラジェルを検討してみるのもいいでしょう。

 

スカルプチュア

スカルプチュアは、アクリル樹脂で作った人工爪のことで、強度がジェルネイルよりも高いため、長さや形にとらわれないデザインができるのが特徴です。

ジェルネイルなどの場合は、爪が短いとデザインの幅が狭くなりますが、スカルプチュアであれば爪の長さに関係なくデザインすることができます。

ただ、スカルプチュアをオフする場合は専用の溶剤が必要になるため、ネイルサロンでの施術がおすすめです。

 

施術時間

ネイルサロンでの施術時間は、施術するネイルの種類やデザインによって異なります。

マニキュアであれば1時間程度で完了しますが、ジェルネイルの場合は1時間〜1時間半程度、スカルプチュアの場合は2〜3時間程度かかります。

 

料金の相場

ネイルサロンの料金の相場についても、施術するネイルのデザインや種類、ネイルサロンの立地などによって変動します。

例えば、ワンカラーやグラデーションのデザインの場合は10本で3,000円程度ですが、デザインとしてアートを施したりパーツを使う場合は、5,000円〜7,000円程度が相場です。さらに、スカルプチュアの場合では1万円程度するケースもあります。

凝ったデザインになるほど料金が高くなるため、料金がいくらになるか心配な場合は、定額メニューがあるネイルサロンを選ぶようにしましょう。

 

ネイルサロンに行く際の注意点とは?

ここからは、ネイルサロンに行く際の注意点について紹介します。

 

予約しておく

ネイルサロンは、基本的に予約制となっています。

ネイルサロンに行きたいと思ったとしても、当日にすぐ予約が取れるとは限りません。

ネイルサロンによっては当日に予約がとれる場合もありますが、基本的には事前に予約をしておくようにしましょう。

 

デザインやイメージを明確にする

ネイルサロンの予約が完了したら、当日までに自分がネイルしたいデザインやイメージを明確にしておきましょう。デザインが明確になっていれば、当日にスムーズにネイルの施術ができるでしょう。

また、ネイルサロンによってはあらかじめ決められたデザインから選ぶ形式のものもあるため、特にデザインなどにこだわりがない場合は、このようなネイルサロンを選ぶ方法もあります。

ただ、デザインの内容によっては施術できないネイルサロンもあるため、デザインにこだわりたい場合は、予約時やカウンセリングの段階で、ネイリストとよく相談するようにしましょう。

 

料金が明確なメニューを選ぶ

ネイルサロンによっては、料金の総額がわかりにくい場合があるため、初めてネイルサロンに行く場合は、料金の総額がわかりやすいメニューを選びましょう。

ネイルサロンによっては、デザインやパーツが別料金になっているケースがあり、施術中にいろいろと追加してしまうと、総額料金が高くなってしまった、というケースも考えられます。

特に、ネイルサロンが初めての人や、デザインがすでに決まっているような場合であれば、定額ネイルといった料金が明確なメニューがおすすめです。

もし料金が不安な場合は、あらかじめよく確認するようにしましょう。

 

ネイルサロンを予約してから帰宅するまでの流れ

ここでは、ネイルサロンを予約してから帰宅するまでの流れについて紹介します。

 

ネイルサロンを予約する

ネイルサロンは基本的に予約制であるため、まずは予約をします。

ネイルサロンの予約は、電話などでもできますが、ホットペッパービューティーや公式サイト、インスタグラムのアカウントなどのネットからでも予約できます。

もし事前に聞いておきたいことがある場合は、DMなどで質問してみるといいでしょう。

 

ネイルサロンに来店する

予約が完了したら、予約した日時にネイルサロンに来店しましょう。

もし時間に遅れてしまうと、施術できなくなるケースもあるため、予約した時間は必ず守るようにしましょう。

また、施術する前にカルテなどに記入する必要があるネイルサロンが多いため、予約時間の5〜10分前には到着しておくのがおすすめです。

カルテには施術に必要となる情報を記入することになるため、しっかりと記入するようにしましょう。

 

カウンセリング

施術の前に、どのようなデザインでネイルをするのかについて、カウンセリングがあります。

この際に、自分の爪について気になることがある場合は伝えておくようにしましょう。

たとえば、爪の健康状態や爪が反っている、二枚爪になりやすいなどがあります。

こういった情報は施術の際に重要になるため、些細なことであっても事前に伝えておくようにしましょう。

 

希望のメニューを選ぶ

次は、希望するメニューを選びましょう。

ネイルサロンには、デザインの見本があるので、そこからメニューを決めましょう。

もしネイルしたいデザインが決まっていない場合は、ネイリストさんにおまかせしたり、相談したりしながら決める方法もあります。

 

施術

メニューが決まったら、実際に施術が始まります。

施術には一定の時間がかかるため、ネイリストさんと会話がある場合があります。

会話があるかどうかについては、店舗によって異なり、会話が苦手なら予約時やカルテなどで伝えておくといいでしょう。

また、ネイルサロンによっては施術していない方の手でタブレットを使って雑誌が読めるところもあります。

 

必要であれば次回の予約をする

もしさらに施術する予定があるのなら、次回の予約をしておきましょう。

たとえば、ジェルネイルの場合は維持できる期間は2〜3週間程度です。

それ以上の期間つけたままにしていると、見た目が悪くなったり、自分の爪に悪影響が出ることもあります。

そのため、ジェルネイルの場合は、2〜3週間後に予約をしておくといいでしょう。

 

ネイルサロンが初めての人におすすめの定番デザイン

ここまで、ネイルサロンについてのさまざまな情報を紹介しましたが、ネイルが初めてなのでどのようなデザインにすればいいかわからないかもしれません。

そこで、ここからはネイルの定番デザインをいくつか紹介します。

代表的なデザインを紹介しますので、自分の希望するデザインに近いものがあれば、そこから選んでみてください。

 

ワンカラーネイル

出典:https://minimodel.jp/r/BTr7Kdp/photo?photo_id=4MFdwPfF8RoxHGcSrdB5xhvxHEBIvqud

「ワンカラーネイル」とは、カラーを1色だけ使うタイプのネイルのことです。

ワンカラーネイルでは、装飾などはなく、10本の指すべてを同じカラーで塗るデザインとなっています。

ワンカラーネイルはシンプルなため、年齢を問わず人気があるデザインです。

また、ワンカラーネイルはリーズナブルな価格で施術できるため、ちょっとしたネイルを気軽に試したい場合などにおすすめです。

 

フレンチネイル

出典:https://www.nails-qoo.com/blog/4161

「フレンチネイル」とは、爪の先端部分にホワイトを乗せたデザインのことです。

フレンチネイルを施術することで、爪をナチュラルに魅せることができます。

フレンチネイルは、ネイルの基本的なデザインとなっていて、仕事柄ネイルが難しい場合でもネイルができるデザインとなっています。

フレンチネイルはホワイトを使うのが特徴ですが、ホワイト以外のカラーを使ったフレンチネイルも人気となっています。

 

グラデーションネイル

出典:https://nailbook.jp/article/3598

「グラデーションネイル」とは、爪の生え際部分をクリアカラーにしておき、そこから先端に向かって色を濃くしていくデザインのことです。

グラデーションネイルはナチュラルな印象があり、施術してから時間が経ち爪が伸びてしまった場合でも、見た目を維持できることから人気があります。

 

ワンカラー+1本だけラメネイル

出典:http://www.thu-three.com/new-nail-24/

「ワンカラー+1本だけラメネイル」は、基本的にはワンカラーネイルですが、1本ずつラメネイルをする形のデザインです。

すべての指をラメネイルにしてしまうと、ギラギラした印象になりますが、1本ずつにすることでアクセントとなり、ワンカラーネイルより華やかになります。

ワンカラーネイルでは少し物足りないと感じている場合におすすめのデザインです。

 

ラメグラデーションネイル

出典:https://www.pinterest.jp/pin/1024709721450580303/

「ラメグラデーションネイル」は、ラメネイルをグラデーションにしたタイプのデザインです。

ラメを使ったデザインで華やかな印象があるため、パーティーなどに適したネイルとなっています。

特に、ラメをグラデーションにすることで、より上品な印象があり、グラデーションなので施術から時間がたっても見た目を維持できます。

 

先端にラインを入れたデザイン

出典:https://www.pinterest.jp/pin/782148660307988931/

「先端にラインを入れたデザイン」は、爪の先端部分に細いラメを入れたデザインのことです。

ラメには印象を華やかにする効果がありますが、目立ってしまいます。

ラメを細いラインだけにすることであまり目立たなくなるため、仕事中でもネイルができるデザインとなっています。

 

ネイルサロンが初めての人向けのQ&A

ここからは、ネイルサロンが初めての人向けの疑問点についてQ&A方式で紹介します。

 

マニキュアは落とすべき?

ネイルサロンに行く前にマニキュアは落としておくべきか迷う人がいるかもしれませんが、マニキュアは落としておいたほうがいいでしょう。

マニキュアを落とすことはネイルサロンでもできますが、サロンによっては「オフ代」として別途請求されるケースもあります。

マニキュアを落としておくことでオフ代がかからず、すぐに施術ができるというメリットもあります。

マニキュアのオフは手間がかからずセルフでも簡単にできるため、ネイルサロンの前にはマニュアルをしっかり落としてから行くようにしましょう。

 

爪は事前に整えた方が良い?

ネイルサロンに行く前に爪を整えたほうがいいか迷うかもしれません。

ただ、ネイルサロンに行く前に爪を整える必要はありません。

むしろ爪を整えず長い爪の状態になっている方が施術がしやすくなり、ネイルサロン側が爪の長さや形を調整して希望のデザインにしやすくなります。

爪の状態が良くなくても、ネイルサロン側がきれいに整えてくれます。

 

ネイルサロンの支払い方法は?

ネイルサロンの支払い方法ですが、対応できる方法はネイルサロンによって異なります。

ネイルサロンの中には、キャッシュレス決済やクレジットカード決済が利用できる場合がありますが、プライベートサロンなどの場合は、支払いが現金のみとなっている傾向があります。

ただ、現金での支払いができないネイルサロンはほぼ存在しないため、現金を用意しておくか、事前に支払い方法を調べてから向かいましょう。

 

ネイルサロンに通い続ける必要はある?

一度ネイルサロンに行ってしまうと、その後も通い続ける必要があるのでは?と思っている人がいるかもしれません。

ただ、実際には通い続ける必要はありません。

たとえば、結婚式などのイベントのときのみネイルをするという使い方の人も多く、必要なときにネイルサロンに行くという形も可能です。

ネイルサロンに通い続けている人もいますが、これは行くのを止めることができないわけではなく、ネイルが気に入ったので続けているというポジティブな理由が多いようです。

 

爪が薄い・短くてもジェルネイルはできる?

自分の爪が薄かったり、短い場合はジェルネイルが難しいのでは?と考えている人は多いようです。

ただ、実際に爪が薄い・短い人でもジェルネイルをすることはできます。

ただし、爪の状態によってはジェルネイルが難しいケースもあるため、ネイルサロンでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。

 

セルフとネイルサロンはどちらが良い?

ネイルについては、ネイルサロンでの施術の他にも、セルフですることもできます。

では、このどちらが良いのでしょうか?

ネイルサロンとセルフでは、それぞれ特徴があります。

セルフネイルの特徴としては、

・すぐ試すことができる
・オフが簡単にできる
・慣れるまでは好みのデザインにするのが難しい
・利き手側のネイルは難しい

というものがあります。

セルフネイルは気軽に試すことができるのがメリットですが、うまく塗らないと剥がれてしまうというデメリットもあります。

ネイルサロンの特徴としては、

・デザインにこだわったネイルができる
・仕上がりが良い
・プロのネイリストからネイルケアを教わることができる
・ネイルが長持ちする
・オフはサロンでする必要がある

というものがあります。

それぞれ特徴が異なりますが、最初はネイルサロンを利用し、慣れてきたらセルフにするという形がおすすめです。

 

ネイルはどれくらいの期間維持できる?

ネイルがどれくらいの期間維持できるのかについては、ネイルの種類だけでなく、個人によっても差があります。

ネイルをセルフでした場合でも、1日で落ちることがあったり、1週間程度維持できる場合もあります。セルフで長持ちさせたい場合は、爪を保護するためのトップコートを塗ったり、爪をなるべく傷つけないようにするなどの注意が必要です。

また、ネイルの種類によっても維持できる期間が異なります。

ジェルネイルの場合は、3週間程度維持できるため、この間隔でネイルを付け替えるといいでしょう。

 

おすすめのケア方法は?

ネイルのケアの方法がよくわからない人がいるかもしれません。

ネイルのおすすめのケア方法としては、爪に浸透するタイプのネイルオイルを塗るのがおすすめです。

ネイルケアで重要になるのは保湿です。

爪は定期的に新しい爪に生まれ変わりますが、この際に水分、油分、保湿力が足りていないと爪のトラブルが発生します。

ネイルオイルを塗っておくことで、この爪のトラブルを防ぐことができます。

ネイルオイルとは、爪の生え際部分に浸透するタイプの美容液のようなもので、継続して塗っておくことでトラブルを回避することができます。

 

ジェルネイルをすると爪が痛む?

ジェルネイルをすることで爪が痛むという話を聞いたことがあるかもしません。

ただ、ジェルネイルを適切な頻度で付け替えることで爪への負担を減らすことができます。

ジェルネイルは、元の状態と比較すると爪にダメージを与えてしまいますが、正しく付け替えれば爪を痛めることはないでしょう。

ただし、自分でジェルネイルを無理にオフしてしまうと、爪を痛めることがあるため注意しましょう。

可能であれば、ジェルネイルのオフはネイルサロンですることをおすすめします。

 

ネイルをしている時に注意すべきことは?

ネイルをしていても、普通に日常生活を送ることはできますが、注意すべき点もあります。

特に、ネイル時にはグリーンネイルにならないよう注意する必要があります。

グリーンネイルとは、ネイルと爪の間に水分が溜まることが原因で、爪にカビが発生してしまうことです。この状態になると、爪が変色することから、グリーンネイルと呼ばれています。

もしグリーンネイルになってしまったら、ネイルは一旦やめてすぐに治療しましょう。

グリーンネイルになれば、爪が緑色になってしまうことがあるため、ネイルは定期的にオフしておき、手指は清潔にしてネイルケアもきちんと行いましょう。

 

ムダ毛の処理はするべき?

ネイルサロンに行く前は、手指を清潔にしておけば、特にすることはありません。

ただ、できれば指のムダ毛などは処理しておくと安心できます。

手指はネイリストに見られてしまいますし、ムダ毛がある状態で施術されると恥ずかしく感じるかもしれません。

また、ネイルが完了した後に、ネイリストから写真撮影を依頼されることがあります。

そのため、できるだけきれいな状態で残しておくためにも、ムダ毛を処理しておくと安心できるでしょう。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント 店舗一覧

ヘッドミント 大須本店愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
ヘッドミントVIP 栄東新町店愛知県名古屋市中区東桜2-23-22 ホテルマイステイズB1
ヘッドミントVIP 金山店愛知県名古屋市中区金山1-16-11 グランド金山ビル2F
ヘッドミント 名駅店愛知県名古屋市中村区椿町13-16 サン・オフィス名駅新幹線口206
ヘッドミント 丸の内店愛知県名古屋市中区錦2-8-23 キタムラビル1F
ヘッドミントVIP 岐阜店 岐阜県岐阜市神田町8-4 アートビル4F
ヘッドミント 静岡店 静岡県静岡市葵区御幸町4−2 ポワソンビル 7階
ヘッドミント 新潟店新潟県新潟市中央区花園1-5-3 ネットワークビル花園205
ヘッドミント イオン松任店石川県白山市平松町102-1 松任イオン1F
ヘッドミント 広島店広島県広島市中区幟町12−14 幟町WINビル602
ヘッドミント 池袋店東京都豊島区東池袋1丁目42−14 28山京ビル202
ヘッドミント 大宮西口店埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-2-7 AOYAMA808ビル4F
ヘッドミント 浦和店埼玉県さいたま市浦和区東仲町8-2 大堀ビル202
ヘッドミントVIP 蕨店埼玉県蕨市塚越2-1-17TPビル201号室
ヘッドミント 稲毛店千葉県千葉市稲毛区小仲台2-6-7 スエタケビル3階
ヘッドミント 勝田台店千葉県八千代市勝田台北1-3-19 新緑ビル4階
ヘッドミントVIP 千葉店 千葉県千葉市中央区新町1-13 木村ビル
ヘッドミント 川崎本町店神奈川県川崎市川崎区本町1-10-1 リュービマンション501
ヘッドミントVIP 藤沢店 神奈川県藤沢市南藤沢21-9とのおかビル5F
ヘッドミント 京都祇園店京都府京都市東山区祇園町北側270-4 Gion Hanaビル 6F
ヘッドミント 和歌山駅前店和歌山県和歌山市美園町5-7-8 パーク美園町ビル2F
ヘッドミントVIP京橋店大阪府大阪市都島区片町2丁目11-18京橋駅前ビル2F
ヘッドミントVIP 東大阪店大阪府東大阪市長田東2-2‐1  木村第一ビル4F
ヘッドミント 鹿児島アミュWE店鹿児島県鹿児島市中央町1-1アミュWE通路側
ヘッドミントアロマ愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル
ゼウス発毛愛知県名古屋市中区大須3-26-41 堀田ビル

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

 

Lix公式オンラインショップ

 

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP