サロン経営でよくある悩みとは?原因や解決法についても解説!

https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/名称未設定のデザイン-1-300x300.png
タダ子

サロン経営でよくある悩みって何?


https://tada-reserve.jp/wp-content/uploads/2023/02/タダリザーブ-1000-×-1000-px-300x300.png
タダリザーブ

任せて!予約システム/ポイントシステムの「タダリザーブ」が解説するよ!

ビジネスの世界には多種多様な業種が存在しますが、その中でも特にサロン業界は経営者にとって多くの悩みを抱えることが多いです。

売上の向上や新規顧客の獲得、人材の確保や育成など、サロンの経営者が直面する問題は多岐にわたります。

これらの問題は連鎖的に発生するため、経営者は常に忙しく、休む時間がないと感じることもあります。

しかし、これらの問題を克服することで、ビジネスを成功へと導くことが可能です。

この記事では、サロンの経営者が直面する悩みの原因と解決策について詳しく説明します。

サロン経営でよくある悩みとは?

 

新規顧客を集客するのが難しい

ビジネスの中でも、特にサロン業界では、新規顧客を集めるのが難しいという悩みがよく見られます。

サロンの運営には、人件費、家賃、機器のコストなど、多くの経費がかかります。

これらの経費を賄うためには、サロンの売上が重要で、その売上は顧客の来店数に大きく依存します。

特に、サロンが新規開業したばかりの場合、リピーターはほとんどいないため新規顧客の獲得が必須です。

しかし、新規顧客の獲得は容易ではなく、SNSや広告などを活用しても、なかなか成果が出ないことが多いです。

新規顧客が集まらない理由としては、以下のような要素が考えられます。

・サロンのコンセプトがはっきりしていない
・競合他店との差別化が図れていない
・サロンの存在が知られていない
・WEBメディアの活用が上手くいっていない

サロンは数多く存在し、競合他店も多いため、自分たちのサロンが他のサロンと比べてどのような価値を持っているのか、なぜ自分たちのサロンを選ぶべきなのか、といった点が明確でなければ顧客を引き寄せることは難しいです。

また、新規開業のサロンでは、そもそもサロンの存在自体が知られていない可能性もあります。

SNSや広告を使って集客を試みていたとしても、予約方法が複雑だったり、LINEやメールマガジンなど、顧客と直接コミュニケーションを取る手段がなければ集客効果は半減します。

さらに、WEBメディアを活用するのが苦手な場合も、集客に困難を感じることが多いでしょう。

これらの問題を解決するためにはまず、サロンのコンセプトを明確にすることが重要です。

競合他店と比較してどの部分が特徴的なのか、顧客に強くアピールしたいポイントは何なのかを明確にすることで、サロンのキャッチフレーズを作り出し、顧客の関心を引く集客が可能になります。

また、WEBメディアから集客した顧客に対しては、メールマガジンやLINE公式アカウントへの登録を促すようにしましょう。

LINEから直接予約ができるようなシステムを導入したり、LINE限定のクーポンを提供したりすることで、サロンから直接情報を得られる状態を作ることが重要です。

さらに、新規開業のサロンであれば、近隣で人気のあるサロンを調査し、そのサロンがどのような集客方法を採用しているかを参考にすることで、自身のサロンの集客方法に役立てることができるでしょう。

 

リピート顧客の獲得が難しい

サロンの運営において、新規顧客の獲得は重要な要素でありますが、リピート顧客の確保もまた重要です。

新規顧客を獲得するためには広告費などが必要となりますが、リピート顧客は追加のコストをかけずに再来店してくれます。

しかし、サロンの運営においては、新規顧客は増えているもののリピートにつながらない、またはリピート率が低いために集客コストが高くなってしまうという問題がしばしば見られます。

そのため、リピート率を改善することができれば、サロンの運営は順調に進むことができます。

リピート率が低い原因としては、クーポンやキャンペーンを乱発し、価格が安いことで集客した結果であることが多いです。

クーポンやキャンペーンは新規顧客に対する集客効果は高いのですが、2回目以降に割高感が出てしまうため、リピート率が下がってしまいます。

また、価格の安さを重視する顧客が増えてしまうため、サロンのコンセプトに共感してリピートしてくれる顧客が生まれにくいというデメリットもあります。

リピート率を改善するためには、価格の安さを理由に選ぶ顧客だけでなく、サロン自体の魅力を感じて来店してくれる顧客を大切にすることが必要です。

また、接客やサービスの質を向上させることも重要ですが、顧客の気持ちに寄り添った接客へと改善することも効果的です。

例えば、顧客が理想とする自分の姿を言葉で説明してもらいながら、必要な施術を説明するといった方法があります。

他にも、2回目以降のクーポンやキャンペーンを設定したり、施術をしたスタッフが個別にLINEでメッセージを送ることもおすすめです。

また、サロンに頻繁に行かないという顧客には、予約をするのが面倒と感じているケースもあります。

この場合は、インターネットから簡単に予約ができるようになる予約システムを導入することで、予約をするまでの手間が軽減されます。

予約システムの中には、Googleと連携することでGoogleの検索結果から予約ができるようになったり、LINEと連携することでLINEからサロンの予約ができるものもあります。

そのため、一度予約がしやすいかどうかも確認してみましょう。

 

収益が確保できない

サロンの運営において、収益が確保できないという悩みが存在します。

一定の売上はあるものの支出が多く、収益としてほとんど残らないという状況が生じます。

収益が確保できなければ、オーナーの収入も減少し、生活が困難になる可能性があります。

さらに、収益が確保できないと、予備の資金がなく、突然の機器の故障やトラブルが発生したときに、資金不足から事業が倒産するリスクもあります。

ビジネスで収益が確保できない原因としては、毎月の固定費や運営費が高いことが挙げられます。

サロンの運営に必要な固定費としては、レンタル料や人件費がありますが、サロンの規模に対してレンタル料が高すぎたり、スタッフが多すぎると、収益を大きく圧迫します。

また、収支計算が適当で、毎月どれくらいのお金が何に使われているのかを把握できていない場合も、収益が確保できないという結果につながります。

サロンで収益を確保するためには、毎月の固定費を見直すことが重要です。

長期的な戦略を考えながら、レンタル料が安い場所に移転したり、余分な人員を削減することで、サロンの運営を安定させることが可能です。

サロンの移転や人員整理が困難な場合は、毎月の収支を把握し、資金の流れを正確に理解することが重要です。

お金の流れを整理しながら無駄遣いを見つけ出すことで、収益を確保する運営を目指しましょう。

さらに、収益を確保するためには、売上を増やすことも重要です。

売上を増やすためには、書籍や雑誌などの情報源を利用してサロンの運営に関する知識を学ぶことが重要です。運営に関する基本的な内容だけでなく、最新の情報まで幅広く学ぶことができます。

運営に関する書籍は多く存在するため、自分が抱える問題に応じて複数の書籍や雑誌を読み込み、解決策を考えてみましょう。

 

競争相手との違いが明確でない

サロンの顧客獲得や売上向上には、競争相手との違いを明確にすることが大切です。

しかし、多くの人がその違いを明確にすることが難しいと感じています。

サービスの品質や技術力、口コミ評価などで競争相手に劣っていると感じ、自分のサロンの強みが何なのかわからなくなることもあります。

競争相手との違いを簡単に作るために、価格を下げることが多いですが、これは価格競争に巻き込まれ、経営資源が削られ、廃業のリスクが高まる可能性があります。

競争相手との違いが明確でない原因として、サロンの強みやコンセプトがはっきりしていないことが考えられます。

また、オーナーが自分のサロンを客観的に見ることができないと、実際には違いがあるにもかかわらず、コンセプトやサービスが迷走してしまうことがあります。

サロンの違いを作るためには、まずターゲット層の見直しを考えてみましょう。

例えば、女性向けのサロンが飽和状態になっている地域では、男性向けのサロンに切り替えて競争相手との違いを作るのも一つの方法です。

また、競争相手のサロンを調査することで、周囲のサロンが提供していないサービスを導入し、サロンの強みにすることもおすすめです。

競争相手のサロンで施術後のアフターサービスが充実していない場合は、違いを作るためにケア商品の販売や施術後の顧客とのメッセージのやり取りに力を入れることも考えられます。

 

スタッフ不足の問題

サロンが拡大するにつれて、スタッフを雇い、業務を委託する必要性が高まります。

しかし、求人広告を出しても、優秀なスタッフが集まらず、スタッフ不足の問題が増えています。

美容業界全体でスタッフ不足が問題となっており、優秀な人材は競争が激しくなっています。

サロンが拡大すると、スタッフ不足がビジネスの効率を低下させ、顧客が離れる原因となります。これはすぐに解決する必要があります。

求人広告を出してもスタッフが集まらない原因としては、美容業界全体のスタッフ不足がある一方で、ハローワークでの求人広告だけでは、サロンの魅力をうまく伝えられず、応募を考える人が減っている可能性があります。

また、経験豊富で優秀なスタッフを採用したい場合、福利厚生や働きやすさ、他のサロンとの差別化が重要となります。

スタッフ不足の問題を解決するためには、従来とは異なる方法で求人広告を出すことが効果的です。

これまでハローワークや無料の情報誌などで求人広告を出していた場合、SNSや大手求人サイトを利用することをおすすめします。

SNSで求人広告を出すと、SNSを通じて転職先を探している美容師に直接アプローチできます。

大手求人サイトを利用するには広告費が必要ですが、専門のライターにサロンの魅力を紹介してもらい、働きやすい環境の写真を撮影してもらうことで、サロンの魅力が伝わりやすくなり、求人につながる可能性があります。

 

スタッフの流出が多い

サロンの運営における悩みの一つに、スタッフの流出が多いという問題があります。

新たに雇用したスタッフが数ヶ月で退職してしまうと、教育費や採用費用が無駄になってしまいます。

さらに、教育した後輩がすぐに退職してしまうと、長期間働いているスタッフの意欲も低下する可能性があります。

スタッフがすぐに退職してしまう、つまり流出が多い原因としては、労働環境が現代のニーズに合っていない可能性があります。

例えば、サロンが過度に忙しくて休みが少なかったり、残業が多いなど、スタッフに過大な負担をかける環境は、早期退職を引き起こす可能性があります。

また、スタッフ間の人間関係の問題が退職の原因となることもあります。

サロンのスタッフの流出を抑えるためには、現在のスタッフの意見を聞いたり、優秀なスタッフが集まる他のサロンの労働環境を参考にすることが有効です。

さらに、エステティックサロンや美容院など、同じような業界の労働環境を調査し、それを取り入れることもおすすめです。

また、オーナー自身が現場に出てスタッフとコミュニケーションを取ることや、人間関係を理解することも重要です。

スタッフとの個別面談の機会を設けたり、職場での悩みを相談しやすい環境を作ることで、スタッフの流出を抑えることができるでしょう。

さらに、サロン業界だけでなく、どの業界でもスキルアップやキャリアアップを目指す人がいます。そのため、人材育成に力を入れることも、スタッフの流出を抑える一助となります。

ここでの人材育成とは、サロンの施術スキルだけでなく、接客スキルの向上も含まれます。

新入社員から積極的に経験を積むことで、スキルアップが実感でき、技術向上への意欲も高まるでしょう。

 

何から始めればいいか分からない

サロン経営における一般的な悩みの一つは、どの問題から対処を始めるべきかわからないということです。

これは、サロンが現在直面している問題を理解しているものの、具体的にどの部分が問題で、それをどのように改良すれば良いのかを特定できていない状況を指します。

この問題は、特に新規開業のサロンや個人経営の小規模なサロンでよく見られます。

この種の問題は、相談相手がいないことが一因となっています。

サロンオーナー間でのネットワークがある場合、同業者に相談し、アドバイスを得ることが可能です。

しかし、そのようなネットワークがない場合、問題解決のための相談相手がいないため、どの問題から対処を始めるべきかを見極めることが難しくなります。

このような状況を改善したい場合、外部の専門家の意見を求めることを推奨します。

例えば、サロン経営に精通したコンサルタントに依頼し、サロンの問題点を指摘してもらうことで、自分では気づかなかった改善の余地を見つけることができます。

また、困ったときにすぐに相談できる相手がいると、心理的な安定感を得て、サロンの運営をよりスムーズに行うことができます。

サロン業界には、サロン経営に詳しいコンサルティング会社や、豊富な経験と実績を持つコンサルタントが多数存在していますので、一度コンサルティングを受けてみることをおすすめします。

 

経営を改善させるための時間が確保できない

多くのサロンオーナーは、日々の業務に追われ、経営改革に必要な時間を見つけるのが難しいと感じています。

オーナーが業務に追われ、時間が取れない状況は、業務の効率化が十分に行われていない証拠です。

業務を効率化するためには、不要なタスクの削減、業務プロセスの最適化、スタッフへの業務委託などが求められます。

サロンのオーナーが経営に専念する時間を作ることは、ビジネスの成長にとって必要不可欠です。

もし、忙しさに追われて時間が取れない場合は、業務そのものを見直すことを検討してみてください。

 

サロンの顧客獲得を向上させる方法

サロン経営には多くの課題がありますが、顧客獲得に関する問題が多いです。

ここでは、サロンの顧客獲得を向上させるための方法を紹介します。

 

ターゲットの明確化

顧客獲得が難しい主な理由は、ターゲットが明確でないことです。

顧客獲得のターゲットとは、自分のサロンが狙うべき顧客層のことで、これがずれていると、どのような顧客獲得方法を試しても効果が出ません。

自分のサロンがどの年齢層、職業の顧客を対象としているのかを明確にし、顧客獲得の方法を試してみてください。

 

複数の媒体を活用する

現在、顧客獲得に利用できる媒体は多種多様です。

そのため、顧客獲得を成功させるためには、一つの媒体に固執することは避けるべきです。

多くの媒体を使って過度に宣伝することは逆効果ですが、顧客獲得の方法が少なすぎると、効果は期待できません。

したがって、相性の良い複数の媒体を組み合わせて、その相乗効果を狙ってみてください。

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント|格安ヘッドマッサージ全国展開中

サンプル画像

 

ドライヘッドスパ専門店ヘッドミントのフランチャイズ募集

サンプル画像

堀田 直義

堀田 直義

株式会社じむやの代表取締役。ドライヘッドスパ専門店ヘッドミント25店舗展開。X(旧Twitter)で「堀田直義」で検索!

TOP